【中日】立浪監督「致命的なミスだった」一塁走者の動きに遊撃溝脇がつられポランコに勝ち越し打

【中日】立浪監督「致命的なミスだった」一塁走者の動きに遊撃溝脇がつられポランコに勝ち越し打

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/05/13
No image

巨人対中日 ベンチで浮かない表情の中日立浪監督(中央)(撮影・鈴木みどり)

<巨人5-2中日>◇13日◇東京ドーム

中日大野雄大投手の6回2失点の粘投も報われなかった。同点の7回から2番手清水にスイッチ。2死一、三塁のピンチで、スタートを切った一塁走者の動きに遊撃溝脇がつられて、大きく空いた三遊間をポランコに破られた。立浪監督は、「致命的なミスだった」とがっくり。これが勝ち越しの左前打となり、2連敗となった。

▽中日大野雄(今季最多3与四球で、6回6安打3失点)「石橋は荒れている投手をリードしてくれた。攻めのリードに次は応えたい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加