国道16号線で日本史の「謎」を解く

  • WEDGE
  • 更新日:2021/05/02
No image

(Marco Ritzki/gettyimages)

玄関脇の八重ヤマブキが4月下旬に咲き終わった。八重ヤマブキと言えば太田道灌。

〈七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞかなしき〉

道灌が鷹狩りで雨に遭い、農家に寄り雨具の簑(みの)を所望したところ、娘が山吹の小枝を差し出した。道灌は怒って帰ったが、後に家臣から有名な山吹の古歌(兼明親王『後拾遺集』)があることを聞き、自分の無学を恥じ、以後精進して立派な歌人になった、というエピソードが広く知られている。

しかし、15世紀の武将、太田道灌で連想するのは、この逸話と江戸城築城くらいだ。

日本の高校生の多くが学ぶ山川出版社の教科書の最新版にも太田道灌の名前すらない(そもそも江戸以前の関東の記述が非常に僅少だ)。

No image

『国道16号線 日本を創った道』

ところが、日本史の謎を解く上で、太田道灌の存在がとても重要であることを、今年著者インタビューで取り上げた柳瀬博一著『国道16号線「日本」を創った道』(新潮社)を読んで初めて知った。

江戸は寒村だったのか?

謎は二つ。一つは、徳川家康は寒村だった江戸になぜ幕府を開いたのかということ。もう一つは、時代が遡って鎌倉時代。それまで長く続いた平安京から、源頼朝が突然関東の鎌倉に幕府を置いたのはなぜなのか。

最初の謎に太田道灌が関わってくる。

1457年、家康の江戸幕府開設の約150年前に道灌は、入間川・荒川・利根川の河口の岬に江戸城を築いた。かつて江戸氏が居を構えた場所で、同じ年に入間川(現、荒川)沿いに河越城、旧荒川(現、元荒川)沿いに岩槻城を一緒に築城した。

江戸城を中心に2つの城を水運で結ぶ扇型の勢力圏を作った道灌は、群雄割拠する関東において頭一つ抜けた有力武将になった。

だが、時代の行方を早く読みすぎたせいか、主君の扇谷上杉氏により1486年に暗殺される。

「漁夫の利」を得たのは伊勢宗瑞(北条早雲)だった。早雲の後北条氏は、扇谷上杉氏などを滅ぼし関東最大の武家勢力となった。

江戸湾の浅草湊、品川湊、六浦湊には鎌倉時代から諸国の船が集まり賑わっていたが、後北条氏時代にさらに江戸湊が加わり、江戸の地は関東の物資の重要拠点に成長した。

つまり、家康は小田原を本拠とする後北条氏の滅亡後、豊臣秀吉に「江戸という寒村」を押しつけられたわけでなく、江戸の将来性を見抜き進んで拝領した可能性が高いのだ。

著者の柳瀬氏は、江戸=田舎説は、家康がゼロから巨大都市を作ったという「英雄伝説」補強のための「お話」と説明する。

以上は柳瀬氏の仮説ではない。1993年に開館した江戸東京博物館(東京都)の総合案内には、1590年に家康が江戸城に入城する前の江戸を「わずかな家並みの漁村」と記していたが、現在の館内表示は「太田道灌が江戸に城を築いて以来の繁栄を継承しつつ、(中略)ここに新しい城と城下町の建設を開始した」と変化している。

源頼朝はなぜ鎌倉を選んだのか?

二つ目は、源頼朝が鎌倉の地を選んだ謎である。

頼朝の父の義朝が平治の乱(1159年)で平清盛に敗れたため、頼朝や約20年間伊豆に流された。その雌伏の時期、頼朝は密かに京や関東の政治情報を入手し、平家側の地元豪族である北条時政の娘の政子と結婚して力を蓄えた。

1180年、頼朝は関東武士に呼びかけて挙兵した。一時は平家側に敗れたが、三浦半島の三浦氏の水軍に助けられ房総に上陸。

上陸するや安房、上総、下総、武蔵など関東南部の武士団をまたたく間に束ね、父義朝がかつて住んだ鎌倉に到着した。そして富士川の合戦で勝利し、挙兵からわずか2ヵ月で関東における勢力基盤を盤石のものとしたのだった。

頼朝が最初の武家政権を作れたのは、当時最強の関東武士団を配下に置いたからだ。

房総半島から頼朝が武士団を束ねた道筋は、現在の国道16号線エリアである。そして当時の武蔵国の国府である府中から鎌倉街道の上道(かみつみち)を辿れば、鎌倉に行き着く。

ではなぜ、国道16号線沿いの地域に当時最強の武士団が形成されていたのか。

馬の放牧地である「牧(まき)」に適した台地の地形がどこよりも多く関東南部に集まっていたからだ。

鉄砲が登場するまで、馬を操る騎馬集団は最強の武装勢力。東京湾をぐるりと囲む16号線エリアには、三浦半島の台地、相模原台地、武蔵野台地、大宮台地、下総台地などが連なり、古代から多数の「牧」が営まれてきたが、そこから馬術・弓術に優れた関東の武士団が誕生したのである。

地形の特徴としては、海に突き出た三浦半島と房総半島、二つの半島の存在もある。

両半島は漁業基地であると同時に、伊豆半島や紀伊半島などと水運で結ばれた交易基地でもあった。平家に敗れた頼朝を真鶴岬から房総半島まで運んだのは三浦半島の三浦氏。水軍を率いる三浦氏がいなければ、頼朝は挙兵どころか命そのものさえ危うかった。

ちなみに、一の谷の合戦で断崖を馬で駆け下りたのは三浦氏門下の佐原義連。三浦氏は台地の豪族で馬の扱いも得意だったのだ。

小さな川が山を削り、谷を作り、湿原や扇状地を産み、湖や海へと注ぐ「山と谷と湿原と水辺」がセットになった「小流域」は古来人類が好んで居住した場所だ。獲物が豊富で、大河沿いのような水害の心配もない。

東京湾を囲む関東の台地群には、台地の縁を削る「小流域」が数珠つなぎになっていて、そこには3万数千年前から人間が住み着いていた。例えば大宮台地にある諏訪坂貝塚(埼玉県上尾市)は縄文時代の遺構だが、同じ区域から旧石器時代、平安時代、江戸時代の遺構・遺跡が見つかっている。

プレート運動に由来する特殊な地形

台地群と「小流域」からなる特殊な地形。それはプレート運動に由来したものだと柳瀬氏は指摘する。

日本列島は4つのプレートの上に乗っているが、そのうち3つが房総沖でぶつかっている。その結果、三浦半島と房総半島が生まれ、気候変動や海面の上下により、関東平野の河岸段丘から武蔵野台地などの台地ができ、遠浅の干潟を持つ東京湾を囲む形になった。

この台地群と「小流域」の場所は、現在の国道16号線エリアと一致する。横須賀、横浜、相模原、町田、八王子、川越、さいたま、柏、千葉、木更津の1都3県27市町をつなぎ、約1100万人が暮らす巨大居住圏を形成している。

そこはまた、旧石器や縄文時代の遺構・遺跡の集まる土地でもあり、古墳や中世の城の密集する地域とも重なる。だから著者は、国道16号線を「日本を創った道」と呼ぶ。

著者インタビューで私は、国道16号線の横浜・八王子間が生糸を運んだ殖産興業の道であり、黒船の浦賀来訪以来、厚木、立川、横田、入間、柏、習志野が旧日本軍航空基地となり富国強兵の軍国道路となったことを強調したが、個人的には、最初に述べた日本史の二つの謎が読後氷解したことを重く受け止めた。

徳川家康以前の関東に関する歴史情報が、これまでそれだけ少なかったということでもある。

足立倫行

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加