博多大吉「ちょいちょい芸人さんを...」NHK鈴木奈穂子アナ「笑っちゃった」

博多大吉「ちょいちょい芸人さんを...」NHK鈴木奈穂子アナ「笑っちゃった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/09/19
No image

博多大吉

NHKの情報番組「あさイチ」(月~金曜前8・15)のMC陣が19日、連続テレビ小説「らんまん」(月~土曜前8・0)の感想を語る「朝ドラ受け」を行った。

この日、放送された「らんまん」第122回について、お笑いコンビ、タイムマシーン3号の関太(44)が登場したことにお笑いコンビ、博多華丸・大吉の博多大吉(52)が「ちょいちょい芸人さんを挟んでくる」と強調すると、鈴木奈穂子アナウンサー(41)は「すごいいいシーンだったんですけど笑っちゃった。ビックリしました」と苦笑していた。

★第122回ネタバレ

万太郎(神木隆之介)は徳永(田中哲司)に辞表を提出。植物学教室を去る日、佑一郎(中村蒼)が大学へやってくる。翌年度から教授となるのだ。それぞれ別の道を行く万太郎と佑一郎だが、目指す場所は同じなのだと確認しあう。そして時代が明治から大正へと変わる頃、千歳(遠藤さくら)と虎鉄(濱田龍臣)が結婚。万太郎、寿恵子(浜辺美波)は二人の幸せを心から祝福する。

虎鉄は「先生…。いけません。やっぱりちぃちゃんには、もっと若こうて、ふさわしい人が!」と言うと、千歳は「虎鉄にい、まだそんなことを言ってんの? 私が虎鉄にいのお嫁さんになりたいのに?」。虎鉄は千歳に花束を渡した。

万太郎は「千歳、今日までありがとう」と伝え、千歳は「お父ちゃん? それは私が言うことでしょ?」。万太郎は「ここまで健やかに生きてくれて。千歳が生まれた時は…。ただ生きてくれ生きてくれゆうて、『千歳』と名付けるだけで精いっぱいじゃった」と振り返る。千歳は「それが一番の贈り物です。名付けてくださって、ありがとう、お父ちゃん」と感謝を述べる場面などが描かれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加