柿のカーテン登場 この時期の山梨の風物詩  特産品・枯露柿づくりが最盛期

柿のカーテン登場 この時期の山梨の風物詩 特産品・枯露柿づくりが最盛期

  • UTYテレビ山梨
  • 更新日:2021/11/25
No image

山梨県甲州市の松里地区で、特産品の枯露柿作りが、最盛期を迎えています。甲州市松里地区の岩波農園。枯露柿づくりが11月1日から始まり、約30メートルある軒先に大玉の柿=甲州百目柿が、所狭しと吊るされています。今年は、夏に雨が多かったため、収穫量は例年の半分ほどに減ってしまったそうですが、実は大きいものが多いそうです。枯露柿のカーテンはそろそろ終了で、これから平らな場所に干して、柿を揉む作業に入るということです。枯露柿は、12月上旬から出荷され、価格は1つ300円ほどで販売されます。

テレビ山梨

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加