名古屋が7試合ぶりの白星! 仙頭啓矢の開始早々の先制弾を守り抜きC大阪を1-0撃破

名古屋が7試合ぶりの白星! 仙頭啓矢の開始早々の先制弾を守り抜きC大阪を1-0撃破

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/05/14
No image

先制ゴールを挙げ、名古屋に久々の勝利をもたらした仙頭。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

J1リーグは5月14日、第13節の8試合を各地で開催。豊田スタジアムでは名古屋グランパス対セレッソ大阪が行なわれ、1-0で名古屋が勝利を収めた。

立ち上がりから主導権を握る名古屋が先手を取る。6分、マテウス・カストロのスルーパスに抜け出した仙頭啓矢がGKとの1対1を冷静に制し、今季リーグ戦2ゴール目を挙げた。

勢いに乗ると、33分には酒井宣福のグラウンダーのクロスにマテウスが合わせてネットを揺らす。しかしこれは、その前のプレーでオフサイドがあったとして得点は認められなかった。

C大阪は名古屋の強度の高い守備に苦戦。中盤でのボールロストも散見され、思うように前進できず。相手のペースで時間が推移する。
ただ終盤にかけて徐々にリズムを掴み、攻勢を仕掛けるも、フィニッシュの精度を欠いて1点が遠く。最後まで粘り強くリードを守り切り、勝利した名古屋が7試合ぶりの白星。C大阪はアウェーで初の敗戦を喫した。

次節は21日、名古屋はアウェーで清水エスパルスと、C大阪はホームでガンバ大阪と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】仙頭啓矢が先制弾! マテウスからのスルーパスを受け確実にネットを揺らす

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加