任天堂公式 寒波到来により「Switchの結露」に注意喚起、その対処法とは?

任天堂公式 寒波到来により「Switchの結露」に注意喚起、その対処法とは?

  • OTONA LIFE
  • 更新日:2023/01/25
No image

「10年に1度」といわれる今冬最強の寒波到来に合わせ、警戒を呼びかけているのは気象庁・国交省だけではない。「Nintendo Switch」の結露にも注意を喚起する「任天堂」サポートの公式Twitterが話題である。今回はNintendo Switchの結露が起こる状況と、その対処方法についてお伝えしよう。

任天堂、Switchの「結露」に注意喚起

ゲーム機を置いている場所の温度が急激に変わると、ゲーム機に結露が起こることがあります。

結露が起きた場合は、電源をOFFにして、水滴が乾くまで暖かい部屋に置いてください。

電源OFFの方法については、こちらのQ&Aをご覧ください。 https://t.co/R3XKSzvXgP pic.twitter.com/k3ZmEsbsx9
— 任天堂サポート (@nintendo_cs)
January 23, 2023
from Twitter

今冬最強の寒波到来を前に、「Nintendo Switch」の結露に注意喚起する「任天堂」サポートのツイートが大反響だ

任天堂は1月23日、「Nintendo Switchの結露」について注意喚起を行い、1月24日15時40分時点で3,901件もリツイートされるなど、大きな話題を呼んでいる。1月24日から強い寒波が関東に南下するとの予報に合わせて、公式Twitter任天堂サポートアカウント (@nintendo_cs)からユーザーに注意を促したもので、「ゲーム機を置いている場所の温度が急激に変わるとゲーム機に結露が起こることがあります」と15.3万ものフォロワー達に呼びかけている。

「結露が起きた場合は、電源をOFFにして、水滴が乾くまで暖かい部屋に置いてください」 と、万が一、結露が起きてしまった場合のNintendo Switchの対処方法についても伝えている。

ちょっと待った! Switchの「電源OFF」前にすべきことはコレ!

No image

(Image: Wachiwit / Shutterstock.com)

Nintendo Switchの「電源ボタン」には「スリープモード」と「電源OFF」の2種類があるので、今回は3秒以上長押しして「電源オフ」を選択しよう

Switchといえば、外出先などへ持ち運びしやすい本体も人気の一因だが、その長所が結露になりやすい原因にも直結している。寒い部屋に置いていたSwitchを、暖かい部屋でプレイするなど、寒暖差が大きい場所へ持ち運ぶことで、結露が起きやすくなる。

結露が起きた場合に「電源OFF」をする際、「電源ボタン」を「長押し」することに気をつけよう。短く押しただけでは「スリープモード」になるだけで「電源OFF」にはなっていないため、そのままでは故障につながる恐れがある。

No image

(画像は「任天堂」公式サイトより引用)

完全に「電源OFF」にする場合は、電源ボタンを3秒以上押して、「電源オプション」→「電源OFF」を選択しよう。もし、正常に動作しない場合は、電源ボタンを12秒押すことで、強制シャットダウンすることもできる。ただし、セーブが必要なソフトは、電源OFFする前に、データをセーブして消失を防ごう。

「不要不急の外出を控えて」と叫ばれる大寒波を前に、あらかじめ暖かい部屋にSwitchを移動して、“巣ごもり”準備で結露を防ぐのもよいかもしれない。

● Q&A(よくあるご質問)【任天堂

By OTONA LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加