中央学院大ナイン初日本一で“歓喜のフライング” 球審ジェスチャーで制止

中央学院大ナイン初日本一で“歓喜のフライング” 球審ジェスチャーで制止

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

慶大対中央学院大 9回表慶大1死一、二塁、萩尾(右)は投手ゴロも一塁に必死のヘッドスライディングで併殺は免れる(撮影・浅見桂子)

<明治神宮大会:中央学院大9-8慶大>◇大学の部決勝◇25日◇神宮

初の日本一に輝いた中央学院大が“歓喜のフライング”をした。

9-8で迎えた9回。1死一、二塁から山崎凪投手(4年=千葉英和)が慶大・萩尾に投ゴロを打たせた。二塁に送り、2死。さらに一塁転送で併殺、試合終了とばかり、ベンチからナインが一斉にマウンド方向へなだれ込んだ。が、一塁は間一髪でセーフだった。ナインは球審にジェスチャーで制止された。

依然続くピンチに、ヒリヒリした空気と、勝利を待てない、うずうずした空気が流れた。次打者は右飛。今度こそ、文句なしの試合終了となり、マウンドで歓喜の輪ができた。山崎は「(最後は)打球の瞬間、打ち取ったと分かったので、本当、うれしかったです」と笑顔で振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加