稲垣吾郎、コンビニ新商品と自身を重ね言い放った「らしい」一言

稲垣吾郎、コンビニ新商品と自身を重ね言い放った「らしい」一言

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/10/16
No image

元「SMAP」メンバーで俳優の稲垣吾郎が15日、都内で開催されたファミリーマートのブレンドコーヒーリニューアル発表会に出席。

試飲したコーヒーと自身を重ね合わせ、茶目っ気たっぷりに「エレガントで繊細、そしてその場を去った後も、甘い余韻が残るような男を目指したい」といかにも稲垣らしい言い回しで語り、集まった記者陣を沸かせた。

画像をもっと見る

■コーヒーの深さに感激

No image

発表会では新CMに出演する稲垣、さらには共同開発に携わった粕谷氏が登壇し、コーヒーに関するトークセッションを行なった後、新旧ブレンドコーヒーの飲み比べにチャレンジ。

「若い頃、コーヒーはあまり飲まなかった」という稲垣だが「不思議と年齢とともに味覚は変わってくる。今ではコーヒーは大好き。ワインもすごく好き。いずれも味が複雑で奥深い。探求すればするほどいろいろなことが感じられる」と楽しみ方について言及していた。

関連記事:川島海荷、一日の水分摂取量がスゴい 「喋りすぎた日は…」

■違いのわかる男

No image

テイスティング企画では不安を吐露しつつも、見事リニューアル後の味を一発で当て、「やったー!でしょ、でしょっ!」とハイテンションで記者陣に向かって手を上げポージング。

「新旧どちらも美味しいから難しかった。だけど新ブレンドコーヒーは甘みと余韻が違う。この違いは皆さんにもぜひ味わってほしい」とコメントした上で、「自分もエレガントで繊細、そしてその場を去った後も、甘い余韻が残るような男を目指したい」と語っていた。

■生まれ変わったファミマコーヒー

No image

このたびファミマは、世界的なコーヒーコンテスト「ワールドブリューワーズカップ2016」で、アジア人初となる世界チャンピオンに選ばれたバリスタ・粕谷哲氏とタッグを組み、店舗のコーヒーマシンで使用している豆の配合から焙煎方法などをすべて見直し。

No image

コーヒー本来の甘みを引き出す「甘味焙煎」を実現させ、最後の一滴まで美味しく飲める一杯を完成させた。それにより、ファミマカフェの主力商品である「ブレンドコーヒー」(税込100円)「高級モカブレンド」(同120円)を20日からリニューアルする。

・合わせて読みたい→コストコ「スタバのコーヒー豆」はお得なのか 本家とコスパを比較してみたら…

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加