宮迫博之「アメトーーク!」復帰の鍵を握る、芸能界「超大物」の名前

宮迫博之「アメトーーク!」復帰の鍵を握る、芸能界「超大物」の名前

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2020/11/22
No image

あの「闇営業」事件から1年以上が経過し、当事者だった芸人たちも次々と現場復帰を果たしていますが、事の発端となった宮迫博之さんだけは今もテレビで拝見することはありません。今やYouTuberとしてのイメージが強い宮迫さんの再始動はあるのでしょうか? 有名芸能リポーターの井上公造さんが11月に新創刊したメルマガ『井上公造の「とっておき芸能情報+LIVE」』では、芸能リポーターの中西正男さんが、芸能界のある「大物」が宮迫さんテレビ復帰の鍵を握っているとしています。その大物の名前とは?

芸能界ウラ話から緊急速報まで。井上公造さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

中西正男の「マル秘取材メモ」: 宮迫博之、再始動へのキーマンはあの大物!?

一部メディアの取材に応える形で、久々に、宮迫博之が今の心境を語った。

テレビ朝日系「アメトーーク!」でのテレビ復帰を望むなど、踏み込んだ発言も見受けられたが、これは偶然なのか何なのか、ここ何日かで複数の関係者から宮迫の近況を耳にしていたところだった。

僕が聞いた現状は、以下のようなものだった。

(1)収入の軸は完全にYouTubeであり、今もYouTubeでしっかりとした実入りがある。

(2)YouTubeの世界でさらに大きな存在になって、トップまでのぼり詰め、今のトップユーチューバーがテレビや各方面からオファーが殺到しているような“引っ張りだこ状態”になることを目指し、さらにYouTubeの出力を高める。

(3)相方の蛍原徹と一緒にやりたいという思いは今でも強い。できればテレビで、また一緒にやりたいと思っている。

状況を総合すると、当面、宮迫が力点を置くのは引き続きYouTubeで、今よりもYouTubeでさらに盤石の地位を築く。それがビジョンとも言えるが、その上でキーマンになるべき人物の名前が耳に入ってきた。

それは、島田紳助氏。2011年に引退した紳助氏に、自らのYouTubeチャンネルに出てもらうプランを掲げているという。

紳助氏は今年1月に歌手・misonoのYouTubeに出演したが、その際は可愛がってきたmisonoのため、そして、闘病中のmisonoの夫・Nosukeへのエールとして自ら申し出てのことだったが、大きな反響を呼んだ。

もし、宮迫のYouTubeに出演するとなれば、それ以来の登場となる。さらに、宮迫の場合、吉本興業の後輩であり、以前から結びつきも強い2人の共演のため、昨年の“闇営業”問題など、あらゆる刺激的なワードが飛び交う内容になることが予想され、より一層、大きな話題となることは必至だ。

さらに、話題性以外にも、紳助氏を出すことにはもう1つの意味がある。

今でも紳助氏と吉本上層部の関係性は悪くない。ただ、宮迫は騒動以来、吉本とは没交渉で、様々な話し合いは一切、前に進んでいない。

宮迫が紳助氏と絡むことによって、吉本との関係性にも何かしら変化が生じるのでは…。そんな流れも考えられる。

もちろん、実現までには、まずは紳助氏の気持ちというハードルもあり、現段階ではプランの域を出ない話ではある。それでも、宮迫の周りで“島田紳助”というワードが出るだけで、いろいろなものが動き出す可能性を秘めてもいる。(中西正男)

有料メルマガ『井上公造の「とっておき芸能情報+LIVE」』2020年11月11日号では、これ以外にも駒井さんの「自粛中の山下くんの電撃退所その“裏側”」、本日のオススメニュース「氷室京介、大切なアクセサリーが盗難被害に」など、芸能界の最新情報を紹介。初月無料のお試し購読で、すぐに続きを読むことができます。

芸能界ウラ話から緊急速報まで。井上公造さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

※メルマガ『井上公造の「とっておき芸能情報+LIVE」』では月曜から金曜まで、日々のオススメニュースに加え、以下コラムをお届けします。
【月曜】1年前・5年前のきょう、何があった?
【火曜】井上公造「芸能ウラネタ」、中西正男「マル秘取材メモ」
【水曜】駒井千佳子「イケメン倶楽部」、島田薫「エンタの花道」
【木曜】芸能Q&A
【金曜】エンタメデータ室
※火曜、水曜は1コラムずつお届けします。
※芸能Q&Aへのご質問やリクエスト、曜日コラムへのご感想は、メルマガに返信してお寄せください! 初月無料のお試し購読は、コチラから。

image by:Bject,CC BY-SA 4.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

MAG2 NEWS

『井上公造の「とっておき芸能情報+LIVE」』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加