楽天、連勝の勢いを自ら手放す痛い走塁ミス...谷繁氏「流れを止めてしまったもったいないミス」

楽天、連勝の勢いを自ら手放す痛い走塁ミス...谷繁氏「流れを止めてしまったもったいないミス」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/08/06
No image

1回楽天無死一・三塁、浅村の一ゴロで三走西川が本塁を突くもタッチアウト (C) Kyodo News

◆ 初回に3安打するも無得点に

楽天は敵地でのカード初戦を落とし連勝は2でストップ。3位に転落した。

打線は4番・島内宏明が2本塁打を含む猛打賞3打点と気を吐いたが、先発の瀧中瞭太が5回途中9安打5失点と試合を作れず今季7敗目(2勝)を喫した。

5日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した谷繁元信さんは、楽天の初回の走塁ミスを試合のポイントに挙げ「ノーアウト一・三塁から(浅村の)ファーストゴロは打球が弱かったのでダブルプレーはまずない。ノーアウトなので三塁走者は止まってもう一度、一・三塁か二・三塁を作る場面だと思うんですよ」と指摘。

「(一死一・二塁での島内のライト前ヒットは)打球判断が難しかった。それでセカンドランナーの小深田のスタートが遅れたんですが、(一塁走者の)浅村の打球判断が良すぎたんですよ。でも、浅村は前のランナーを見て行かないといけないのでこれは浅村のミスですね」と振り返り、「ミスが2つ続いてこの回はゼロでしたよね。最近の楽天の勢いを考えたら初回に点を取っていたら、今日の試合も流れ的には楽天だったと思うんですよ。その流れを止めてしまったちょっともったいない走塁ミスでしたよね」と2連勝の勢いを初回の走塁ミスで自ら手放してしまったとの見方を示した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加