阪神・高橋が二回に同点打許す 巨人菅野との投げ合い

阪神・高橋が二回に同点打許す 巨人菅野との投げ合い

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

2回、吉川尚に同点の適時打を打たれた高橋(撮影・堀内翔)

「巨人-阪神」(15日、東京ドーム)

阪神の先発、高橋遥人投手が1点リードの二回、吉川尚に中前適時打を浴びて同点とされた。

初回、坂本からの上位打線を三者凡退に抑えた高橋だが、二回のマウンドだった。先頭の岡本を遊ゴロに抑えるも、続く丸に中前打を浴びる。さらに中島は直球で詰まらせたが、二塁と右翼の間にポトリと落ちた。一走の丸は一気に三塁まで進塁。1死一、三塁のピンチを背負った。

それでもここで、続く大城に真っ向勝負。2-2から、最後は148キロの直球で見逃し三振に斬った。ピンチを脱したかに見えたが、続く吉川尚との対戦。1-1から3球目、スライダーを狙われ、痛烈な中前適時打で同点とされた。

それでも、続く菅野を見逃し三振に抑えて、最少失点で切り抜けた。

その後、1点リードとなった四回、岡本、丸の連打で再び同点に追い付かれた。

この回、先頭の岡本に三塁線を破られ、無死二塁と得点圏に走者を置いた。続く丸には初球、真ん中の148キロを狙われ、中前適時打で同点とされた。今季4度目の巨人戦登板で、2度目となる菅野との投げ合い。後続を断ったが、再び同点に追い付かれた。

二回には2死一、三塁から吉川尚との対戦。1-1から3球目、スライダーを狙われ、痛烈な中前適時打で同点とされた。

負ければ自力優勝の可能性が消滅し、巨人にマジックナンバー「38」が点灯する一戦。互いに譲らぬ展開が続いている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加