年金を使い果たし【金をせびる叔母】夫の名義で「ローン」を勝手に組み、返済地獄に...!最悪すぎる!!

年金を使い果たし【金をせびる叔母】夫の名義で「ローン」を勝手に組み、返済地獄に...!最悪すぎる!!

  • fashion trend news
  • 更新日:2022/11/25
No image

ある日、旦那から打ち明けられた借金の話。過去にローンを組んでいたそう。え、それって騙されたってこと・・?!今回は知人が経験したお金にまつまるエピソードをご紹介致しますので、是非ご覧ください。

No image

マイホームの夢

友人K子は結婚したらマイホームを持つことが夢でした。旦那のY太(以後Y太)もK子の夢に賛同し、二人で一生懸命働き、お金を貯め、ついに頭金の目標金額を達成しました。

[ 関連記事を読む - ltn ]

早速二人は不動産会社に相談へ。

色々話しをしていると不動産会社の担当者から、どれくらいローンが組めるか調べてみましょう!と提案され調べてもらうことに。

すると不動産会社の担当者からから信じられない言葉が・・

「すみません。何か借入して滞納してたこととかありますか?ローン組めません・・・」

直後Y太が「え・・・もしかしたら・・・」と話し始めました。

おばあちゃんの入院

Y太は東京の実家で父と叔母(父の妹)とおばあちゃんと4人で暮らしていましたが、就職が決まり大阪で一人暮らしをすることになりました。

大阪に引っ越しをした直後、父から電話がありました。

「おばあちゃんが階段から転落して、手術のため入院することになった」

とても心配していたY太ですが、無事に手術は終わりおばあちゃんは退院出来ることになりました。

叔母に組まされたローン

安心していたY太の元へ、叔母から電話がありました。

「Y太にこんな話して申し訳ないのだけど、おばあちゃんの入院費が支払えないの。お金借りられる?50万円。すぐに返すから」

元々お金にだらしない叔母だったので、Y太の父と叔母は度々喧嘩をしていました。

今回もおばあちゃんの年金を使い果たしてしまい、Y太の父には怖くて言えず、Y太に連絡してきたようです。

Y太は状況がよくわからなかったものの、返してくれるという言葉を信じ叔母から送られてきたローン書類に記入しハンコを押してしまいました。

銀行からの再請求通知

Y太への部屋には毎月、銀行からローンの再請求通知が届いていましたが、Y太は叔母さんが支払ってくれているものだと勘違いし、銀行からの支払いを放置してしまいました。

そんなある日、友人がY太の家を訪れ、たまたま銀行からの請求書を見つけました。

「おい、これ大丈夫!?」

Y太はそこで初めて事の重大さを知りました。ほとんど1円も返済していなかったのです。

慌てて父に連絡したY太ですが、Y太の父はこの話を何も聞かされていなかったため大激怒!!

叔母にお金を返すように請求しましたが、もちろん返せるお金など無く、Y太は毎月少しずつ返済をし、数年かけて50万円+利子を払い終えたそうです。

K子とY太のその後

その後の二人ですが、未だにマイホーム購入の夢は実現していません。

これからご結婚される方は、事前にお金の話(借金ないよね?)を聞いておくことをおすすめします!

K子の夢が近いうちに叶いますように。

ftnコラムニスト:うる

【ltnライター】うる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加