44歳がハッスル、ハッスル 中日・福留が反撃の機運高める適時打「思い切っていきました」

44歳がハッスル、ハッスル 中日・福留が反撃の機運高める適時打「思い切っていきました」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 楽天ー中日(2021年6月10日 楽天生命)

No image

<楽・中(3)>4回1死二塁、適時打を放つ知中日・福留 (撮影・白鳥 佳樹)

大ベテランがこん身の一打で、チームの反撃態勢を整えた。「5番・右翼」でスタメン出場した中日・福留孝介外野手(44)が右越え適時打で打線を活気付けた。

0―2の4回1死二塁、楽天先発・滝中の直球を強振した打球は右翼フェンスを直撃。二塁を狙い、タッチアウトとはなったが、二走・ビシエドを本塁へと迎え入れ、1点差とした。

6月2日ロッテ戦(バンテリンドーム)以来、出場3試合ぶりの適時打で今季6打点目を記録。カウント0―3からの一打を「チャンスだったので、思い切って行きました」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加