林遣都は「犬との距離感の詰め方がすごい」!大原櫻子が驚き

林遣都は「犬との距離感の詰め方がすごい」!大原櫻子が驚き

  • RBB TODAY
  • 更新日:2021/07/22
No image

林遣都【撮影:小宮山あきの】

もっと画像を見る

林遣都、中川大志、大原櫻子、浅香航大、篠原哲雄監督が22日、都内で行われた映画『犬部!』初日舞台挨拶に登場した。

同作は、青森県十和田市にある北里大学の獣医学部に実在した動物保護サークル「犬部」を元に描いた青春ムービー。

No image

大の動物好きで、一匹でも多くの命を救うため“犬部”を創設する主人公・颯太を演じた林は、撮影時について「毎日楽しかったです。久々に青春を味あわせていただいたような思い出ばかりで、ワンちゃん達に囲まれながら、あの日々をもう一回やりたいくらいですね。幸せな日々でした」としみじみ。

No image

犬部のメンバーを演じた大原から、「遣都さんはワンちゃんのそばにずっといて、犬との距離感の詰め方がすごかった」と称えられると、林は「動物トレーナーの方に『なるべく会話をしてあげてください』と言われたので、ずっと(犬と)2人きりでコソコソと喋っていました。人と話すのと同じ感じで『あれ、何だろうね?』とか、『青森、あまり来たことがないけれど、いい所だね』とか」と、微笑ましいエピソードを披露し、笑いを誘った。

No image
No image

撮影時の思い出を聞かれた中川は、「(犬の)花子がアパートの前に来た車の音に反応して、玄関まで行って吠えて、また戻って来るシーンがあって。できるのかなと思っていたんですけれど、本当に台本を覚えるんですよ。あれはもう衝撃でしたね。僕でもできないなと思いました」と、エピソードを披露。大原も、「動物ちゃんたちの演技は、どんな風に覚えたの? っていうくらいに素晴らしかったですし、感動しました」と、犬猫たちの名演技ぶりを絶賛した。

No image

また、同作の主題歌「ライフスコール」を担当したバンド「Novelbright」の竹中雄大が応援に駆けつけ、同曲のワンフレーズを歌唱する一幕も。竹中の伸びやかな歌声を聞いた林は、「やばいね、鳥肌だね」と大喜び。中川も「カッコいい! グッときました」と笑顔を弾けさせた。

終盤には、劇中で活躍していた動物たちも登場。東京五輪にかけて、林が相棒を務めたミックス犬の“ちえ”の首に金メダルをかけ、「ちえちゃん、あなたはこの映画の主役です。ありがとう」と感謝を告げると、ちえから林に熱烈なキスのお返しも。

No image

最後に林は、同作について、「動物たちが撮影現場の負担がある環境で中で、全部に答えてくれて。この映画を作りたいと思った方だったり、獣医さんだったり、皆さんの思いを彼らが体現してくれたと思います。その思いが多くの方に届いて、動物の未来が明るくなっていくことを願っています」と、熱い思いを語った。

小宮山あきの

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加