岸田首相、増税批判の菅前首相に日印協会長就任祝い ぎこちなさ目立つ

岸田首相、増税批判の菅前首相に日印協会長就任祝い ぎこちなさ目立つ

  • 産経ニュース
  • 更新日:2023/01/26
No image

日印協会創立120周年記念レセプションに出席した岸田文雄首相と菅義偉前首相(中央)、森喜朗元首相(右)=25日午後、東京都港区(鴨川一也撮影)

岸田文雄首相は25日夜、菅義偉前首相が会長を務める公益財団法人「日印協会」の創立120周年記念レセプションに出席した。菅氏は防衛力強化に伴う岸田首相の増税方針表明について「突然だった」と苦言を呈するなど、今年に入って首相への批判を重ねているだけに、両者の対応が出席者の注目を浴びた。

会合は東京都内のホテルで開かれ、駆けつけた首相はあいさつで菅氏の同協会会長就任を祝い、「日印両国が参加をする日米豪印の枠組み(クアッド)の協力も菅首相のもとで進展した」と持ち上げた。滞在時間は5分ほどで、互いに会釈はしたが、言葉を交わす場面はほとんどなく、ぎこちなさが目立った。

菅氏は今月、安倍晋三元首相の後任として日印協会の会長に就任した。菅氏は岸田首相の来場前にあいさつし、「日印関係のさらなる発展のために積極的に貢献していきたい」と早期の訪印に意欲を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加