千鳥・ノブ 大阪マラソンで「両膝の半月板切れてた」...10年前、6時間台で完走

千鳥・ノブ 大阪マラソンで「両膝の半月板切れてた」...10年前、6時間台で完走

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/14
No image

千鳥・ノブ

お笑いコンビ「千鳥」のノブ(41)が12日、フジテレビ系で放送された「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」に出演。2011年の大阪マラソンで完走を果たしたが、その時に「両膝の半月板が切れた」と明かした。

相方にも秘密にしている初耳話というテーマで、ノブは「大阪マラソン走ったので、両膝、半月板、切れてるらしい。10分ぐらい走ったら今痛いです」と苦笑しながら両膝の半月板損傷を告白。

「手術した方がいい、と今言われてて。手術したら半年ぐらい松葉杖なんで…」と打ち明けると、相方の大悟は「待て待て、それはゴメンな、せんでええ」と苦笑い。ノブは「両松葉(杖)。漫才できるから、両松葉で」と笑わせていた。

ノブは両膝の半月板を損傷したとされる2011年10月の大阪マラソンで、6時間43分43秒(速報ネットタイム)で完走していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加