照ノ富士が初黒星 玉鷲の突き落としにバッタリ 連勝は「23」でストップ/初場所

照ノ富士が初黒星 玉鷲の突き落としにバッタリ 連勝は「23」でストップ/初場所

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/01/14
No image

●照ノ富士(つきおとし)玉鷲○=両国国技館(撮影・尾崎修二)

大相撲初場所6日目(14日、両国国技館)一人横綱の照ノ富士(30)は平幕玉鷲(37)の鋭い当たりに体が起き、突き、押しに後退。右突き落としに両手をつき、悔しそうに唇をかんだ。

連勝は「23」で止まり、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が平成12年に記録した24連勝に届かなかった。取組後は取材対応なく、引き揚げた。大正8年夏場所の栃木山以来、103年ぶりとなる新横綱から3場所連続優勝へ仕切り直す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加