照ノ富士に横綱昇進伝えた使者もエール「真の第一人者になってほしい」

照ノ富士に横綱昇進伝えた使者もエール「真の第一人者になってほしい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21
No image

横綱昇進伝達式で口上を述べる新横綱照ノ富士(中央)、左は伊勢ケ浜親方、淳子女将(撮影・柴田隆二)

第73代横綱照ノ富士(29=伊勢ケ浜)の誕生に、日本相撲協会から派遣された使者の親方も喜びを語った。21日午前、都内で臨時理事会が開かれ、照ノ富士の横綱昇進が全会一致で決定。東京・江東区の伊勢ケ浜部屋で行われた昇進伝達式には同じ伊勢ケ浜一門の高島理事(元関脇高望山)、浅香山審判員(元大関魁皇)が使者として昇進を伝えた。

高島理事は「立派な相撲内容の土俵だった。本人も自信になってますよね。あとは膝を強化しながらまい進していただきたい」と期待を寄せた。来場所から白鵬と東西の横綱を形成する。高島理事「真の第一人者になってほしい」とエールを送った。

浅香山審判員は「相撲はここのところ、余裕もあってどっしりした感じでいる。そのまま続けていけば横綱らしい相撲というふうに言われると思う」と成長を評価。「ここまで、けがと病気を乗り越えてやってきた人だから、これから後輩たちのお手本にもなると思う。諦めなければこうなれるということを指導者になるときも生きてくると思うし、責任ある立場なので、堂々たる相撲でどっしりと構えて横綱らしい相撲を見せてもらえたらいいんじゃないか」と期待した。

横綱誕生は17年初場所後の稀勢の里(現荒磯親方)以来4年半ぶりで、令和では初めて。モンゴル出身では5人目となる。

照ノ富士は関脇の春場所、大関復帰を果たした夏場所で2場所連続優勝を果たし、名古屋場所を綱とりで迎えた。千秋楽の全勝対決で横綱白鵬に敗れたものの、14勝1敗で優勝次点の好成績。19日に行われた横綱審議委員会の定例会では、全会一致での推薦が答申されていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加