【米・ケンタッキーオークス】マラサートが無傷5連勝でV、2着馬とクビ差の熱戦制す/海外競馬レース結果

【米・ケンタッキーオークス】マラサートが無傷5連勝でV、2着馬とクビ差の熱戦制す/海外競馬レース結果

  • netkeiba.com
  • 更新日:2021/05/01
No image

無傷5連勝でケンタッキーオークスを制したマラサート

現地時間4月30日、アメリカのチャーチルダウンズ競馬場でG1・ケンタッキーオークス(3歳牝・ダ1800m・13頭立て)が行われた。

道中は5番手を進んだ1番人気マラサート(牝3、J.ヴェラスケス騎手)が直線で外から脚を伸ばし、内で粘る3番人気サーチリザルツ(牝3、I.オルティスJr.騎手)との壮絶な叩き合いを制し、クビ差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分48秒99(良)。

サーチリザルツから2.3/4馬身差の3着には10番人気ウィルズシークレット(牝3、J.コート騎手)が入った。2番人気トラベルコラム(牝3、F.ジェルー騎手)は5着だった。

マラサートは父Curlin、母Dreaming of Julia、母の父A.P. Indyという血統。米国のT.プレッチャー厩舎の管理馬。オーナーは、3月25日に亡くなったドバイのハムダン殿下が所有していたシャドウェルステーブル。

通算成績は5戦5勝。昨年のデモワゼルS(米G2)、今年のアッシュランドS(米G1)に続き、重賞3連勝での戴冠となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加