吉田美和も圏外の「歌がうまい50人」に“忖度”はなかったのか?

吉田美和も圏外の「歌がうまい50人」に“忖度”はなかったのか?

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2021/04/08
No image

〈忖度しないって何度も言ってるけど、吉田美和もhydeも圏外なんて信じられない〉

【関連記事】マツコの番組で「ドリカムアレルギー」が話題に、吉田美和の不貞過去が原因?

〈長渕剛もASKAも槇原敬之もランクインしないって、忖度の極みだろ!〉

そんな声がSNS上にあふれた。4月4日にTBS系列でオンエアされた「本当のとこ教えてランキング プロのクラシック声楽家190人が選んだ本当に歌がうまい日本人歌手ベスト50」は、オンエア中からツイッターで意見を募集し、さらにテロップでも表示したため、推しのアーティストが次々と現れては登場しないというモヤモヤも生まれた。さるテレビ誌ライターが語る。

「同番組は昨年10月にもオンエアされ、好評だったことからの第2弾です。前回は現役ではない人も含めて『歌姫』だけに絞り、プロの声楽家が選んだ1位は美空ひばりに。今回は『現役の男女歌手』で50人をランキングしましたが、判断基準が難しい『歌がうまい』だけに、オンエア中からブーイングの嵐でした」

最終的に1位・MISIA、2位・玉置浩二、3位が「歌怪獣」の異名を取る島津亜矢が選ばれ、盤石のゴールかと思われた。

「ところが、前回の歌姫ランキングで3位だったドリカムの吉田美和が、なんと50位内に入っていない。前回と同じくプロの声楽家たちの投票をベースとしながら、ここまで落ちるのは『何があったんだ?』とのザワつきが起きるのも当然」(前出・テレビ誌ライター)

より踏み込んだ解説をするのは、音楽事務所で長らく辣腕を振るうプロデューサー氏。

「ランクインしたら当然、歌唱映像の了解を取らなければいけない。もちろん、2時間弱のオンエアで50組なので割愛されるアーティストもいたが、吉田サイドとしては、順位に納得がいかず、それならば圏外で『なかったこと』にしてほしかったのでは」

皮肉にも、1位に輝いたMISIAがもっともリスペクトするのが吉田美和。あちらを立てればこちらが…の、典型例となってしまったようだ。

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加