<中間速報>ルーキー・古江彩佳が独走態勢 後続と6打差で後半へ

<中間速報>ルーキー・古江彩佳が独走態勢 後続と6打差で後半へ

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2020/11/22
No image

独走態勢を築いて後半に入った古江彩佳|撮影:上山敬太

<大王製紙エリエールレディス 最終日◇22日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6545ヤード・パー71>

国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」の最終ラウンドが進行中。全選手が前半の競技を終えて、2週連続優勝がかかるルーキー・古江彩佳がトータル15アンダー・単独首位を快走している。

シブコ、アプローチを打ってこの笑顔【LIVEフォト】

6打差2位タイにルーキー・笹生優花、イ・ミニョン(韓国)。7打差4位タイにはこの日5つ伸ばしている昨年覇者・渋野日向子、永井花奈が続いている。

今季2戦目のイ・ボミ(韓国)はトータル5アンダー・14位タイ。鈴木愛はトータル4アンダー・15位タイで後半をプレーしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加