上田晋也、本田翼、日向坂46、ぺこぱも参加。「カラダWEEK」で視聴者参加型企画「億WALK」開催

上田晋也、本田翼、日向坂46、ぺこぱも参加。「カラダWEEK」で視聴者参加型企画「億WALK」開催

  • TVガイド
  • 更新日:2020/10/18
No image

11月2~8日に開催される、日本テレビ系の健康キャンペーン「カラダWEEK」で、視聴者参加型ウォーキング企画「億WALK」が実施される。

今年で6年目を迎えた同キャンペーンは、「ニッポンを元気に!健康に!」を合言葉に、同局の人気番組、同局系列の各局、BS日テレでコラボ企画を展開。キャプテンを上田晋也が務め、マネジャーには、本田翼、ぺこぱ(松陰寺太勇、シュウペイ)が就任。さらに、応援アーティストとして日向坂46のメンバーが参加する。

「億WALK」は、昨年に続き、2度目の開催となるウォーキング企画。日本中の参加者の歩数を合計し、1週間で何億歩歩けるかにチャレンジ。スマートフォンから誰でも参加が可能で、リアルタイムで増え続ける総歩数はキャンペーンサイトなどで公開される。目標は100億歩。昨年は24万人以上が参加し、58億歩に到達したものの100億歩には届かなかった。今年こそ目標達成を目指す。上田、本田、ぺこぱ、日向坂46メンバー21人のほか、系列局のアナウンサー100人以上の参加も決定。この先、アスリート界からの参加も予定している。参加の詳細は公式サイト(https://www.ntv.co.jp/karada_week/)をチェック。

上田は「普段歩かないからと思って、家の中で例えば短い距離でもトイレにいく時だったり、何かトレーニングできないかなと思って片足5kgの重りを買って付けて今歩いています。そうすると、仕事行く時にちょっとズボンはく時に外して…なんだろう、それ外したらすごく軽くて歩きやすいんですよね」と意外なトレーニング法を明かし、「ただ、すごく軽くなるんだけど、僕5歩・10歩で車乗るから、その軽いって感覚10歩しか味わってないんです」と笑う。

企画については、「億WALKは去年も目標100億だったんですよね。僕は、事前に100億歩なんて無理だって言ってたの。ほんとに! でも計算のできないスタッフが仕切ってて、結果は58億歩ぐらい。58億歩でも十分すごいんだけど、100億って言ってしまってるから、すっごい尻すぼみになってしまったんです。こんな尻すぼみなの、カプリコしか見たことね~ってくらい(笑)」と振り返り、「今年も目標が100億歩って言うから、まあ無理だろうなと。シュウペイが、『今年100億歩達成したら、『Going! Sports&News』(土・日曜午後11:55)の生放送でシュウペイポーズやってくれ』って言うんだけど、それやるくらいなら引退します(笑)」と話す。

そんな上田に「2人は歩いているの?」と聞かれたぺこぱは、松陰寺が「僕は時間があれば犬の散歩で歩きますね。僕、散歩するとき時は松陰寺太勇じゃなくて、本名の松井勇太なんです。だから周りに散歩してる人がいても気付かれないんです。でも、犬が僕のチャンネルのYouTubeに出てるんですね。そうしたら、『ぺこぱの犬だ!』ってなって…『てことは、えーっと、松陰寺さんか!』って、まず犬先パターンすね」とちょっぴり切ないエピソードを告白。一方のシュウペイは「内緒です」と答え、上田に「内緒で大丈夫です」とバッサリ切られると、慌てて「いやいやいや! 歩きます! 普段歩いたことのない道とか、そういうところに行っておうちに帰ったりとか」と説明。さらに「今日も歩いて帰れ」という上田の言葉に、シュウペイが「1・2! 1・2! いっちにー!」と歩いて帰るふりをすると、松陰寺「めげない心」とオチをつけ会話を盛り上げた。

そして「この期間中はなるべく健康に気を付けて歩くように心がけたいと思っています」と意気込みを語る本田は、「普段歩く時は周囲の人を見ながら、人間観察をしています。いろいろと見えたり聞こえたりするので興味深いです。 あと歩くときに気を付けていることは、かかとから着地して、かかとで蹴るイメージです。そうするとお尻に結構効くんです。『歩く時に蹴る』。そうすると自然に大股にもなって代謝もかなり上がるので、これはオススメです」とアドバイスし、「皆さんも一緒に100億歩目指しましょう!」と呼びかける。

また、日向坂46からは、佐々木久美、加藤史帆、小坂菜緒の3人が「私は、目的地を決めて地図などを見ずに歩くことが好きです。渋谷駅から横浜中華街まで歩いたこともあります。友達15人くらいで、朝7時に渋谷を出発して、12時間かかりました。中華街でご飯を食べて、電車で帰ってきましたけど(笑)」(佐々木)、「歩くのは大好きなので、天気がいいとよくお散歩しています。目的地を決めずに、プラプラ歩いてカフェに寄ることもあります。佐々木久美と歩く時は、佐々木が左で、私が右を歩くと安心するんです。以前、2人で歩いていたら、流れ星を見ました! そんなロマンチックなこともあるので散歩はオススメです」(加藤)、「中学生の頃から、友達みんなが自転車に乗って移動する中、私は1人で歩いて集合場所移動したり…よく歩きます!」(小坂)と、それぞれのウォーキング体験を語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加