『SUPER RICH』“子犬系”赤楚衛二&“忠犬系”町田啓太に癒やされトキメク

『SUPER RICH』“子犬系”赤楚衛二&“忠犬系”町田啓太に癒やされトキメク

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/11/25
No image

●『チェリまほ』2人の再共演を噛み締めたい

赤楚衛二は“スーパー無邪気” 上機嫌で「口笛もしちゃいます」

テレビ大好き芸人の橋爪ヨウコです。学生時代はテレビの話で友達を作り、恋も仕事もドラマから学んできたと言っても過言ではない! 26年間全クール全チャンネルのドラマ視聴中の“とにかくテレビを愛し!テレビにはまだそんなに愛されていない女…!” そんな私、橋爪がとにかく熱い!と思っているドラマをご紹介する連載シリーズ「こじらせハスキー・橋爪ヨウコの三度の飯よりテレビが好き!」。

今回は、先週放送された第6話がTwitterのトレンド1位になるなど、とにかく話題のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)をご紹介します!

○■江口のりこのツッコミで全て完結する!

キャストが発表されたときから「はい!絶対面白い! はい!最高!」と勝利を確信してしまうほど出演者が最高な本作は、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるベンチャー企業「スリースターブックス」の社長・氷河衛(江口のりこ)のジェットコースターのような波瀾万丈な半生を描いたドラマ。仕事一筋で生きてきた衛が、貧しくも温かい家庭で育ってきた専門学生の春野優(赤楚衛二)と出会い、新たな価値観を見出していくストーリーです。

こんなにもネイティブでゴリゴリの関西弁を話すヒロインが主人公の恋愛ドラマが、他にあっただろうか…。今までもNHKの朝ドラ『まんぷく』や『おちょやん』など、ヒロインが関西弁を使うドラマは多々ありましたが、氷河衛はネイティブな関西弁でどんなタイミングでもフラットにツッコミを入れてくれる稀少なタイプのヒロインです。

いい雰囲気になった時にいきなり天井から水がドバー!!と落ちてくるツッコミどころがあるシーンでも、江口のりこさんのツッコミがあれば全て完結する!と言っても過言ではないほど成立。ストーリーが面白いのはもちろんですが、コメディやギャグに走りすぎていないのに、会話のテンポが良く小気味いいのが面白くて、毎週木曜日が来るのが待ち遠しいほどハマっています!

そして今回語らずにはいられない! 私が孫の代まで語り継ぎたいと思っているほどにハマったドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京、以下『チェリまほ』)コンビの“赤楚衛二さん”と“町田啓太さん”が再共演している事実を、回が進んでいる今も改めて噛み締めたいのです!

○■全国民が「惚れてまうやろー!」状態

『チェリまほ』が終了してから1年。いまだにロスが続き、そのぽっかりと空いた穴を埋めるために何度も繰り返し『チェリまほ』を見返したり、スピンオフを観るために「TSUTAYAプレミアム」に登録したり、それでもロスが埋められず…ドラマのロケ地巡りまでもし始めて、実在するはずない安達と黒沢を探し、「向いのホーム 路地裏の窓 こんなとこにいるはずもないのに」とOne more time, One more chanceする日々を送っていたのですが、『SUPER RICH』で“赤楚衛二さん”と“町田啓太さん”の組み合わせをまた堪能できるなんて! 2人を起用してくれたスタッフさんに届くようにと、お台場に向かって「ありがとうございますっ!!!」と深々と一礼するほど歓喜しています!

『SUPER RICH』で赤楚さんと町田さんが演じる優と宮村もこれまた魅力的で、第6話の宮村(町田)が「俺だって男なんですよ」と上司である衛を抱きしめた時には、思わず「これこれこれー!」と、テレビの前でデカめの声を出してしまうほどテンション上昇。

結局、宮村は失恋してしまいましたが、これからも一緒に働く衛を困らせないように、「目指していいですか? 衛さんのそばで、一番衛さんに役に立つ人間を目指していいですか?」と部下としての忠誠心を誓い、その身の引き方まで美しくかっこ良くて……全国民が「惚れてまうやろー!」状態になったはずです。

そんな一途な“忠犬系男子”を魅力的に演じている町田さんといえば、『チェリまほ』の献身的で優しくて完璧な黒沢役はもちろん!『女子的生活』(NHK)でのトランスジェンダーである小川の幼なじみ・後藤忠臣役や、『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(読売テレビ)での主人公の初恋相手・秋山慶一役、『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日)での全くイケてない教師役、そしてNetflixドラマ『今際の国のアリス』でのワイルドかつ男らしい苅部大吉役などなど、毎回ガラリと変わるキャラクターを演じきる幅広い演技力! さらに、170cmある江口のりこさんでさえも見上げてしまうほどの高身長にもグッとくるし、日本体育大学出身という肉体派な一面や、私の地元でもある群馬県出身でその中でも吾妻郡という小さい町で生まれた素朴さのギャップにもやられます!

そういえば、町田さんがLDHに所属したばかりの20歳の頃。バラエティ番組『EXILE魂』(MBS・TBS)に出演していて、その回はLDHの新人メンバーがひな壇に大勢並んでいたのですが、ゲストのマツコ・デラックスさんに1人だけピックアップされ「カワイイ!」と言わしめた頃から、魅力は大爆発したんだなぁとしみじみしました。マツコさんの先見の明もすごい!

●赤楚衛二だからこそ優しさに包まれた愛されキャラに

そして、憧れの衛に対して一途で真っ直ぐな“子犬系男子”春野優役を演じている赤楚さんも語らずにはいられません! 赤楚さんといえば、『チェリまほ』での自信はないけど純粋さと優しさを持ち合わせながらどんどん成長していく安達役や、『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ)でのつらい過去を持って復讐心と切ない恋心に揺れる松田秀明役、『彼女はキレイだった』(カンテレ)での主人公を支える編集部の頼れる優しい先輩・樋口拓也役などなど、幅広い演技力で様々な役を演じているのですが、その全てが赤楚さんが演じているからこそ優しさに包まれた愛されキャラクターになっています。

第6話でも、衛を守りたい一心で祖母の葬式に駆け付けたり、裏カジノに乗り込んだりと回を増すごとに衛の王子様のような存在になっていく優だからこそ、あんな頑なに“恋愛”に傾かなかった衛が「人間の中であなたのことを一番好きになりました」と子犬系男子の優を好きになる…と、最大の難関を突破できたのではないかと思います。

正直、最初は「衛が年下の子犬系男子を好きになるのかな? こりゃだいぶ難しいことだぞー!」とドラマを見ながら勝手に心配していたのですが、赤楚さんが演じているからこそ、全くの心配無用でした!

○■「そう来たかー!」と言いながら見届けたい

そんな子犬系男子の赤楚さんと、忠犬系男子の町田さんに癒やされトキメク本作は、『SUPER RICH』のドデカイ字体のタイトルからババン!とドラマが始まり、そこから遡っていく演出方法も秀逸だし、衛のキャラがとにかく最高なので、どんな奇想天外な展開になったとしても衛がツッコんでくれるから大丈夫!と安心感もありつつ、実際にどんな展開になるのか毎週ワクワクしています!

今夜放送の第7話の予告では、また裏切り者らしき人が出てきたり、中村ゆりさん演じる今吉零子が衛に気持ちを伝えたりと、続きが気になって気になって仕方ありません。

それにしても、どれだけ前世で徳をつめば子犬系男子と忠犬系男子に同時に愛される人生を歩めるのか……と頭を抱えつつ、『SUPER RICH』とはほど遠い“SUPER POOR”な私、橋爪も来世に期待しながら、今夜の第7話を「そう来たかー!」と言いながら見届けたいと思います!

(※日本シリーズ中継のため、放送時間繰り下げの場合あり)

■プロフィール

橋爪ヨウコ
1985年生まれ、群馬県出身。14年に、ドイツみちことお笑いコンビ「こじらせハスキー」を結成し、『ウチのガヤがすみません!』(日テレ)などに出演。ピンでも『週刊フジテレビ批評』(フジ)に出演し、1日12時間のテレビ視聴をノルマと課す超テレビっ子。

ツイッター「@dumeko」
ブログ「橋爪ヨウコの群馬大好きなんさー」
note

YouTube【こじらせハスキー公式ちゃんねる】
定期的に動画アップ中! チャンネル登録よろしくお願いします!

橋爪ヨウコ(こじらせハスキー)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加