タクシーアプリ「S.RIDE」、山手グループで導入開始 埼玉県さいたま市、川口市、戸田市等で利用可能に

タクシーアプリ「S.RIDE」、山手グループで導入開始 埼玉県さいたま市、川口市、戸田市等で利用可能に

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2021/09/15

S.RIDEが提供するタクシーアプリ「S.RIDE」は、2021年9月15日より、山手観光自動車の計93両、山手タクシーの計71両で、タクシーアプリ「S.RIDE」のサービスを開始することを発表した。

山手グループによるS.RIDE導入により、東京23区の台数増加に加えて、埼玉県のさいたま市、川口市、戸田市、蕨市、伊奈町でもS.RIDEが利用かのうになるとのことだ。

山手グループは、1957年に設立された埼玉県及び東京都に展開する、タクシー業や介護事業等を中核としたグループで、超高齢化社会の日本を見据えて確実に必要となる介護タクシーと、訪日外国人増加に対する観光タクシーに力を入れているという。

S.RIDEは、都内タクシー事業者、及びソニーグループの合弁企業で、タクシーアプリ「S.RIDE」は、ワンスライドすることで、東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができるタクシー配車サービス。

「S.RIDE」を使ってタクシー乗車する毎にライドポイントが付与され、ライドポイントが10ポイントたまると、抽選券が発行され、タクシーアプリならではのスペシャルギフトが当たるという。

S.RIDEは、今後もタクシーに乗車する利用者に利便性の高い機能・サービスを提供していくと共に、タクシー産業のDXを推進し、タクシーを起点とした人々の「移動」に伴う体験価値の向上と豊かな社会につながるモビリティサービスを追求し、モビリティ産業への貢献を目指すとのことだ。

The postタクシーアプリ「S.RIDE」、山手グループで導入開始 埼玉県さいたま市、川口市、戸田市等で利用可能にfirst appeared onAMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア.

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加