【新型コロナ】今夏の藤沢市の海水浴場人出、コロナ前の3分の1

【新型コロナ】今夏の藤沢市の海水浴場人出、コロナ前の3分の1

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2021/09/15
No image

今夏、2年ぶりに開設された藤沢市内の3海水浴場(片瀬西浜・鵠沼、片瀬東浜、辻堂)の人出が、新型コロナウイルスの感染拡大以前と比べ大幅に減少したことが15日までに分かった。同市江の島の来訪者も8月は前年より半減した。シーズン途中で緊急事態宣言が出され、海水浴場が途中休場となったほか、江の島での東京五輪セーリング競技開催に伴う交通規制なども影響したとみられる。

同市の3海水浴場は今夏、2年ぶりに開場した。しかし、新型コロナの感染急拡大を受けた県と市の要請を踏まえ、8月16日から途中休場になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加