西岡がシティOP4強入り 3時間半超え死闘制す

西岡がシティOP4強入り 3時間半超え死闘制す

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/08/06
No image

テニス、シティ・オープン、男子シングルス準々決勝。サーブを打つ西岡良仁(2022年8月5日撮影)。

【AFP=時事】(更新)テニス、シティ・オープンは5日、男子シングルス準々決勝が行われ、世界96位の西岡良仁は7-6(7-5)、4-6、7-5で大会第16シードのダニエル・エヴァンス(英国)を下し、4強入りを果たした。

西岡は雨による中断もあった一戦を3時間35分の末に制し、これでエヴァンスとの対戦成績を5戦全勝とした。

2020年のデルレイビーチ・オープン以来となるツアー4強入りとなった西岡は試合後、「決して諦めなかったのが勝因だと思う」と話し、「とにかく何度もボールを打ち返し、長いラリー戦に持ち込むよう心掛けていた。相手は疲れてきていたので、嫌がると分かっていた」と振り返った。

準決勝では第1シードのアンドレイ・ルブレフと顔を合わせる。

ルブレフは前日の試合が雨の影響で順延となり、この日はダブルヘッダーとなったが、まず3回戦で第13シードのマクシム・クレシー(米国)を6-4、7-6(10-8)で下すと、準々決勝ではワイルドカード(主催者推薦)のJJ・ウルフ(J.J. Wolf、米国)を6-2、6-3で退けた。

ウィンブルドン選手権準優勝のニック・キリオス(オーストラリア)も、この日はダブルヘッダーに臨んだ。

まず、前日に雨で中断となっていた第4シードのライリー・オペルカ(米国)との3回戦にわずか14分で決着をつけ、7-6(7-1)、6-2で勝利。第10シードのフランシス・ティアフォー(米国)との準々決勝では5度のマッチポイントを握られたが、エース35本、ウイナー60本をたたき込み、6-7(5-7)、7-6(14-12)、6-2で接戦を制した。

ティアフォーとの2時間半の死闘を終えたのは翌日の午前1時で、第3セットの途中には思わず「ベッドに入りたい」と叫ぶ場面もあったキリオス。準決勝では、世界54位のセバスチャン・コルダ(米国)を6-2、5-7、6-3で下した同115位のマイケル・イマー(スウェーデン)と対戦する。

女子シングルスの準々決勝では、第2シードのエマ・ラドゥカヌ(英国)が、世界60位のリュドミラ・サムソノワに6-7(6-8)、1-6で敗れた。

世界10位のラドゥカヌは、四大大会(グランドスラム)初優勝を果たした昨年の全米オープン以来となる4強入りを目指していた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加