「プレミアリーグでは指揮できない? 侮辱だ」ポステコグルーの手腕をセルティック伝説OBが大絶賛!「ジェラードは彼の功績に遠く及ばない」

「プレミアリーグでは指揮できない? 侮辱だ」ポステコグルーの手腕をセルティック伝説OBが大絶賛!「ジェラードは彼の功績に遠く及ばない」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/05/14
No image

古橋(8番)らを擁し、セルティックを戴冠に導いたポステコグルー監督。(C)Getty Images

セルティックがアンジェ・ポステコグルー監督の就任を発表したとき、スコットランドでは無名の存在だった。それから1年弱、オーストラリア人指揮官は就任初年度でセルティックを復活させ、昨年レンジャーズに明け渡した王座を奪い返している。

シーズン途中までレンジャーズで指揮を執ったスティーブン・ジェラード前監督は、昨季の優勝という実績でプレミアリーグのアストン・ビラに招かれた。セルティックのレジェンドOBのクリス・サットンは、それなればポステコグルーもプレミアリーグで指揮を執る力を持つ指導者なはずだと述べた。

セルティック専門サイト『67 HAIL HAIL』によると、サットンはポッドキャスト『Optus Sport』で「ポステコグルーがプレミアでやれないという議論は理解できない。彼の戦績が物語っている。セルティックで彼が成し遂げた仕事には、みんなが関心を寄せたと思う」と話している。

【動画】古橋も大はしゃぎ!優勝を喜ぶセルティックの選手たち「ジェラードが3シーズンで獲得したトロフィーは、可能性があった9つのうち1つだった。それで素晴らしく好転させたと言われている。アンジェが1シーズンで成し遂げたことには遠く及ばない。アンジェは1シーズンでジェラードの3シーズン以上の勝利を手にした。そしてジェラードはアストン・ビラという大きな仕事を手に入れた」

「(ポステコグルーがプレミアで指揮するのは想像できないと言うのは)実質的な侮辱だよ。彼はワールドカップで代表チームも率いた。これ以上、何をしなければいけないというのだ?」

さらに、サットンは「ジェラードはレンジャーズでチームをつくり、うまくやった」と続けている。

「だが、ポステコグルーとジェラードの功績を比較することはできない。ポステコグルーはプレミアでやれるか疑問視されるのに、ジェラードはプレミアでやる運命だったというのだろうか? 私は、道理にかなわないと思う」

今季のセルティックの復活劇で、ポステコグルーの評価が大きく高まったことは間違いない。日本、そしてスコットランドで名門を戴冠に導いた名将に、いつか世界最高峰のリーグに挑戦する日は訪れるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「年間ベストゴール賞」を受賞!古橋が決めたリーグカップ決勝の鮮烈弾

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加