土井善晴「酒の肴にぴったり」 鮮度良いしらす使った一品に大納得

土井善晴「酒の肴にぴったり」 鮮度良いしらす使った一品に大納得

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2022/08/06

毎回多彩なゲストがさまざまな場所を旅する「遠くへ行きたい」(読売テレビ、日本テレビ系)7月31日(2022年)の放送では、料理研究家の土井善晴さんが静岡を旅しました。

No image

ぜひ行ってみたかったという「静岡市立芹沢けい(金へんに圭)介美術館」で、作品を楽しんだ土井さんがやってきたのは、美術館からほど近い用宗漁港です。

さっと炙るだけで...

用宗漁港の名物は、しらす漁。例年50隻を超える漁船が3月中旬から年明け1月中旬にかけしらす漁を行っています。港は駿河湾に面し、南アルプスの伏流水が流れ込みプランクトンが豊富なことから、質の良いしらすが育ちます。

獲ったばかりの新鮮なしらすを食べられるのが、漁協直営の海鮮丼のお店「どんぶりハウス」。土井さんも早速「生しらす丼」を注文し、漁港を眺めながらいただきました。「すごいね。きれいやな~。しばらく眺めていられる景色です。これは美味い!」と納得のおいしさです。

港で知り合った野仲さんに連れてきてもらったのは「たたみいわし」が有名な1921年創業の「カネナカ商店」。

鮮度が良く細かいしらすを、和紙をすくような手作業で一枚一枚すき、4時間ほど干すことで畳いわしが完成します。土井さんも教わりながら挑戦していました。多いときには1日1万枚作っていたそうで、大変な仕事です。

たたみいわしづくりを体験したあとは、お待ちかねの実食タイム。「生しらすを乾燥させただけなので、しらすの旨みが全て閉じ込められています」と野仲さん。

七輪で炙ったたたみいわしに「ほんまおいしい。酒の肴にぴったりですわ」と土井さん。

さっと炙るだけですぐ食べられるたたみいわしは、これからの季節BBQなどにも便利。

用宗漁港で生しらす丼を食べて、お土産にたたみいわしを購入するのがおすすめのルートです。

(SaMi)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加