阪神佐藤輝明VSアーリン→玉井で夢のももクロリレー?実現

阪神佐藤輝明VSアーリン→玉井で夢のももクロリレー?実現

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

日本ハム対阪神 8回表阪神1死、右越え二塁打を放つ佐藤輝(撮影・黒川智章)

<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム2-4阪神>◇10日◇札幌ドーム

打ったZ! 阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(22)が、日本ハム玉井からこの日初安打をマーク。佐藤輝VS“ももクロリレー”が実現した。

8回1死の第4打席。この回から登板した、5番手玉井のチェンジアップを捉え、右翼へ運んだ。二塁に到達すると、代走江越を送られ途中交代。続くサンズの中前適時打で江越が生還し、終盤に大きな追加点の起点となった。

この日、先発の新外国人アーリンとの初対決では、2打数無安打。2回1死の第1打席は、2球で追い込まれると、最後は140キロ直球に空振り三振。4回1死一、二塁の好機では外のチェンジアップを打ち上げ、捕邪飛に打ち取られた。

佐藤輝が大ファンを公言する「ももいろクローバーZ」のメンバー、佐々木彩夏の愛称は「あーりん」。同じくメンバーの玉井詩織と同姓の玉井も登板し、夢の? “ももクロリレー”となった。アーリンには抑え込まれたが、大事な場面で玉井からしっかり快音を響かせた。

佐藤輝は8日の第1戦ではプロ初の4三振を喫したが、9日にはプロ17度目のマルチ安打を放っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加