15歳の天才科学者、ギタンジャリ・ラオさん初の本格的な著書 くもん出版が刊行、大分県商工観光労働部主催で特別講演会も

15歳の天才科学者、ギタンジャリ・ラオさん初の本格的な著書 くもん出版が刊行、大分県商工観光労働部主催で特別講演会も

  • OVO
  • 更新日:2021/09/15
No image

くもん出版(東京都港区)は、書籍「ギタンジャリ・ラオ STEMで未来は変えられる」を刊行した。1650円。

著者のギタンジャリ・ラオさんは、米オハイオ州生まれの15歳。「水道水から鉛を検出する装置」「鎮痛薬依存症の早期診断装置」「いじめ防止アプリ」など、10代にして次々と画期的な発明をしている科学者で、2019年に「Forbes誌が選ぶ30歳未満30人」に選ばれるなど、全米で注目されている。

書名にある「STEM」とは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)の四つの学問領域の頭文字を取った言葉で、米オバマ政権でSTEM教育が国家主導で推進された。

同書は、ギタンジャリさん初の本格的な著書で、自身の経験を踏まえ、STEMを活用したイノベーションの起こし方を分かりやすく伝えている。

9月26日午前10時から、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)ウェビナー」で、ギタンジャリさんの国内初の特別講演会が開催される。大分県商工観光労働部の主催。参加費は無料で、申し込みは9月24日まで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加