再度ビザ取り消し!ジョコビッチが欠場すると全豪オープンのドローはどうなる?

再度ビザ取り消し!ジョコビッチが欠場すると全豪オープンのドローはどうなる?

  • WOWOWテニスワールド
  • 更新日:2022/01/20
No image

1月13日に、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)のドローが発表になったが、男子の第1シードである世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の一度取り消され、その取り消しが無効となったオーストラリアへの入国ビザが、移民局によって再度取り消された。もしもジョコビッチが欠場となった場合、男子のドローはどうなるのか。スポーツウェブメディアSportskeedaが説明している。

新型コロナワクチンを接種していないジョコビッチは、「医学的理由」での接種免除を認められ、オーストラリア入国ビザを発給されて同地に着いたが、書類に不備があるとして空港でビザを取り消された。ジョコビッチの弁護士らが抗議して、ビザは再び認められ、ジョコビッチは「全豪オープン」会場で練習を開始。だがその後、ジョコビッチはセルビアで12月に新型コロナ陽性となった後で子どもたちとのイベントに参加したり、ジャーナリストからの取材を受けていたとか、オーストラリア入国前2週間以内に旅行していないと申請していたのに、実はセルビアからスペインに移動していたとか、いくつかの疑惑が持ち上がり、オーストラリア移民局はジョコビッチのビザを「慎重な考慮の上」再度取り消した。ジョコビッチは土曜の午前中に移民局の局員と会うそうだが、ジョコビッチの弁護士は既に新たな決定と闘う意思を明らかにしている。

では第1シードのジョコビッチが欠場となった場合、男子シングルスのドローはどうなるのか。まず1月17日、大会初日の試合日程が発表になる前に、ジョコビッチの欠場が決まった場合、第5シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)がジョコビッチのところ、ドロー表の1番上に入り、ジョコビッチと対戦するはずだったミオミル・キツマノビッチ(セルビア)と対戦する。

ルブレフの名前があったところには第17シードのガエル・モンフィス(フランス)が入り、ルブレフと当たるはずだったジャンルカ・マジェル(イタリア)と戦うことになる。モンフィスのいた場所には世界35位のアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)が入り、モンフィスと当たることになっていたフェデリコ・コリア(アルゼンチン)との試合となる。

シード選手が順調に勝ち上がった場合、準々決勝でジョコビッチは第7シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と、第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)はルブレフと当たるはずだったが、この変更によりベレッティーニはルブレフと、メドベージェフはモンフィスと当たることになる。

次に、初日の予定が発表となった後でジョコビッチの欠場が決まった場合だが、その場合は上記のようなややこしい変更は行われない。ただジョコビッチの代わりに、予選で敗退したラッキールーザーが出場して、キツマノビッチと1回戦を戦うことになる。

そして万一、大会が始まってジョコビッチが何試合か勝ち進んだ後に出場できなくなった場合には、誰かが代わりに出場することはない。ただ予定されていた相手選手が不戦勝となるだけだ。

もちろん、ビザの取り消しが再度無効になれば、ジョコビッチは試合に勝っている限り大会に出場し続けることができる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「ATP1000 モンテカルロ」でのジョコビッチ
(Photo by Alexander Hassenstein/Getty Images)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加