神戸が今季12試合目で待望の初勝利! イニエスタの1G1Aの活躍で鳥栖に4発完勝!

神戸が今季12試合目で待望の初勝利! イニエスタの1G1Aの活躍で鳥栖に4発完勝!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/05/14
No image

1G1Aの活躍で神戸の今季初勝利に大きく貢献したイニエスタ。写真:滝川敏之

J1リーグは5月14日、第13節の8試合を各地で開催。ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸対サガン鳥栖が行なわれ、4-0で神戸が勝利を収めた。

ここまで開幕11戦未勝利と、まずは何としてでも今季1勝目が欲しい神戸は、アンドレス・イニエスタを先発起用。直近4試合無敗の鳥栖は、小野裕二、岩崎悠人、福田晃斗らがスタメンに名を連ねた。

開始早々に神戸が先手を取る。2分、自陣からの浮き球のパスを左サイドの敵陣深くで受けた酒井高徳が、ゴール前に折り返す。これに反応したイニエスタが、完璧なファーストタッチから右足を振り抜き、ゴール左に突き刺した。

さらに14分に追加点。カウンターからイニエスタのスルーパスに抜け出した汰木康也が、左足のシュートでゴール右に沈めた。

自陣のビルドアップでのミスから相手に与えたチャンスにも、守備陣がしっかりと対応。2点をリードを維持したまま前半を折り返す。
後半は立ち上がりから鳥栖の攻勢を受けた。58分のピンチには、GK前川黛也が素早い反応でシュートストップするなど、相手に得点を許さず。64分に鮮烈なボレーシュートで武藤嘉紀が、90+1分には大迫勇也が得点を重ね、神戸が4発快勝を飾った。

この結果、神戸は開幕から12試合目にして待望の今季初勝利。鳥栖は5試合ぶりの黒星を喫した。

次節はともにホームで、神戸は18日に川崎フロンターレと、鳥栖も21日に川崎と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】神戸イニエスタが見事なファーストタッチから決めた先制ゴール!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加