ジェイエムウエストン、ティンバーランド 、レッドウィング...いま“履きドキ”な名品革靴8選。【服好きたちのWISH LIST】vol.8 前編

ジェイエムウエストン、ティンバーランド 、レッドウィング...いま“履きドキ”な名品革靴8選。【服好きたちのWISH LIST】vol.8 前編

  • MEN'S NON-NO WEB
  • 更新日:2023/01/29

【服好きたちのWISH LIST】をもっと見る!
「モンベル」の寝袋も「ザ・ノース・フェイス」のテントシューズも家での防寒にこそうってつけ⁉︎【服好きたちのWISH LIST】vol.7 後編

ショッププレス、スタイリスト、デザイナー……、彼らは仕事として洋服を扱うプロでありながら、インテリア、音楽、家電、アウトドアギアなど、洋服以外のあらゆる分野にも(ときに仕事そっちのけで)つねに目を光らせる、いわば“物欲のプロ”。そんな服好きたち8人をセレクターに迎え、忖度ナシに、いま本当に欲しいモノを教えてもらう。

CALMANTHOLOGY

〈A1111 SOUTHERN TIE〉

selected by 井上直哉/トゥモローランド PR

No image

靴¥129,800/カルマンソロジー[https://calmanthology.com/]

「レザーシューズといえば、名門ブランドや老舗ファクトリーも多数ですが、いま素直に良いと思えるのはカルマンソロジーです。定番のTEDS SHOESを持っていて、1年半大切にケアしながら履いてきました。レザーの質感の美しさに気分が高揚しますし、カジュアルなジャケットスタイルにも、数多のモードブランドにも自然にマッチする懐の深さには驚かされます。そろそろ少し違うニュアンスの一足が欲しくなって、春夏の軽やかなコーディネートに映えそうなこちらを選びました」

トゥモローランド PR

井上直哉 さん

スーパーエーマーケット、ランドオブトゥモロー、エディション、キャバンといった、トゥモローランドで展開するセレクト業態のプレスを担当。

J.M. WESTON

〈Le Moc #281〉

selected by 百々 南/ビームス PR

No image

靴¥107,800/ジェイエムウエストン 青山店[TEL:03-6805-1691]

「最近は、革靴をカジュアルなスタイリングに合わせるのが気分です。このアイテムもそうした理由で選んだ一足。また、これまでは黒のスニーカーや革靴を履くことが多かったのもあって、綺麗めからカジュアルまで幅広く使えそうな絶妙なカラーリングにも惹かれました!」

ビームス PR

百々 南 さん

学生時代、ピルグルリム サーフ+サプライにてアルバイト。その後、新入社員としてビームス 新宿で2年勤務したのち、現職に。

YOKE

〈PLAIN TOE LEATHER SHOES〉

selected by 西澤祐哉/スタジオファブワーク・エンケル PR

No image

靴(すべてヨーク)¥59,400/エンケル[TEL:03-6812-9897]

「合わせやすさを優先すると、革靴は黒ばかり選んでしまいます。それに、個人的に最近はダークトーンの洋服を着ることが多く、それではなんとなく気分が沈んでしまう。カラーの革靴にチャレンジしたいと思っていたところでした。この靴は、ヨークらしい上品でミニマルなデザインと、優しいトーンのカラーリングが特徴。カジュアルからモードまで、さまざまなコーディネートに合わせやすいと思います!」

スタジオファブワーク・エンケル PR

西澤祐哉 さん

大学卒業後、アタッシュドプレスに入社。アパレルだけでなく、家具、インテリア小物、作家作品などもPR・販売している。ファッション、インテリア、アートが好き。

Le Yucca’s

〈U-Tip Leather Shoes〉

selected by 佐藤弘樹/STYLIST

No image

靴(レ ユッカス)¥148,500/ユナイテッドアローズ&サンズ[TEL:03-5413-5102]

「この類の革靴にしては高く作られたヒールや比較的コンパクトなUチップのデザインに、“ザ・イタリア”な靴に無い、無駄でも嫌らしくもない色気を感じます。野暮ったいUチップを細身のフレアパンツに合わせるのは個人的に好きじゃないのですが、このデザインだからこそ、そうしたパンツにも合いそう。リーバイスの517なんかも、よりスタイリッシュに見えるでしょうね」

スタイリスト

佐藤弘樹 さん

2022年よりスタイリストとしてのキャリアをスタート。主に雑誌やブランドのルック撮影など、ファッション媒体で活動。アシスタント時代にヴィンテージ沼にハマり、いまではワードローブの半分以上が古着。70年代の雰囲気、トラッドなテイストが好み。たまの休みにキャンプへ出かける。

RED WING

〈6″ CLASSIC MOC〉

selected by 平沢幹太/アンフォロー CONCEPTER・DESIGNER

No image

ブーツ¥45,870/レッドウィング・ジャパン[TEL:03-5791-3280]

「物心ついた頃から、父がよく履いていたモデルです。当時は見た目のインパクトや無骨さに距離を感じていましたが、数年前にお下がりを一足もらってから愛用しています。生活がルーティン化される前の20代の頃に買って、いろいろなTPOで履いていけば、きっとオトナになったときに自分だけの名品になるはず。シューレースを何色か買っておいて、スタイリングの気分で付け替えるのも楽しいと思います」

アンフォロー CONCEPTER・DESIGNER

平沢幹太 さん

大学時代に服飾団体やブランドでのインターンなどを経験し、新卒でベイクルーズに入社。現在は、アンフォローにてプライベートレーベルフォルの商品企画と買い付けを兼務。

Timberland

〈6inch Premium Boots〉

selected by 三浦翔平/STYLIST

No image

ブーツ(ティンバーランド)¥28,600/VFジャパン[TEL:0120-953-844]

「ティンバーランドというと、おなじみのイエローブーツで学生時代を思い出すのですが、こちらは今季の新色。USAFのミリタリーウェアのようなセージグリーンとヌバックレザーの組み合わせが都会的で惹かれました。いまっぽくもクラシカルにも、スタイリングの雰囲気を大胆に変えられるのは定番ゆえの魅力。上下トーン違いのフェードしたボロスウェットに、ブーツインで合わせたい気分です」

スタイリスト

三浦翔平 さん

1995年、青森生まれ。大学卒業後、アシスタント時代を経て2022年にスタイリストとして独立。東京を拠点に活動中。

Enzo Bonafe

〈SIDEGORE EB001〉

selected by 相川 龍之介/ランディ DESIGNER

No image

靴(エンツォ ボナフェ)¥143,000/オリエンタルシューズ[TEL:03-6804-3280]

「多くのブランドが作っているサイドゴアブーツですが、独特な高さのハイカット部分が、スタイリングにいい違和感を与えてくれる一足だと感じ、選びました。フルレングスはもちろんですが、ショーツやロングソックスとの合わせも楽しみです。個人的には、リーバイスのデニムをカットして作ったショーツに、ゴワゴワした柄モノのウールロングソックスと合わせたいです」

ランディ DESIGNER

相川 龍之介 さん

文化服装学院卒業後、セレクトショップVaseにて販売・バイイングを経験。2017年にブランドをスタート。

CROCKETT&JONES

〈KENT CITYSOLE〉

selected by 吉岡玲欧/ユナイテッドアローズ&サンズ SALES MASTER

No image

靴(クロケット&ジョーンズ)¥88,000/ユナイテッドアローズ&サンズ[TEL:03-5413-5102]

「冠婚葬祭にもイケる、クロケット&ジョーンズのこの革靴。きちんとした装いをすることがここ最近減ってきたので、なにか正統派なモノを身につけたくて、まずは足元から。『7月までは襟のある洋服を着る』という縛りを勝手に課しているので、シャツをサラッと着て、デニムにスニーカーをいつもなら合わせるところを、この革靴でバシッと決めたいですね!」

ユナイテッドアローズ&サンズ SALES MASTER

吉岡玲欧 さん

1993年生まれ。東京都出身。2015年ユナイテッドアローズ入社。ユナイテッドアローズ 原宿本店に配属後、20年にセールスマスターに就任。22年にはユナイテッドアローズ&サンズ バイヤーに就任。

Photos: ITCHY Stylist: Shohei Miura Composition&Text: Masahiro Kosaka[CORNELL]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加