マキタスポーツ「寝る直前の“一服”は一日をリセットする儀式」<人生のIPPUKU>

マキタスポーツ「寝る直前の“一服”は一日をリセットする儀式」<人生のIPPUKU>

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/09/15
No image

芸人、ミュージシャン、俳優、文筆業とさまざまなジャンルで幅広く活躍しているマキタスポーツの“IPPUKU(=息抜き)”を聞いた 撮影=中川容邦/スタイリスト=小林洋治郎(Yolken)/ヘア&メーク=永瀬多壱(VANITÈS)/

日々忙しく時が過ぎていく中で、手を休めてくつろぐ“IPPUKU(=息抜き)”の時間。それは人生において、とても大事な役割を果たす。そんな“IPPUKU”のエピソードを聞く特別企画に、芸人、ミュージシャン、俳優、文筆業とさまざまなジャンルで幅広く活躍しているマキタスポーツが登場。

【写真を見る】おちゃめな表情も見せてくれるマキタスポーツ

プライベートでは6人家族。娘2人と双子の男の子の良きパパでもある彼は、どんな“IPPUKU”を過ごしているのだろうか。

子どもといると、誰よりも率先して遊んでやる!と思ってしまう(笑)

娘は大学生と受験生。双子は小1男子と、バリエーション豊かなんですよ。下の双子は、やんちゃ盛り。子どもといると、「誰よりも率先して遊んでやる!」と思ってしまうんですよね。51歳のおじさんなのに(笑)。先日も一緒にセミを採りに行って、張り切って木に登ったら僕が真っ先に落ちちゃって(笑)。あまりに痛かったので、先に帰りましたもん。

あと、海に行ったときも「パパ、ちょっと潜ってくるから見ておけよ」と海に入ったら、秘かにおぼれかけました(笑)。急に波が来て5メートルくらい流されちゃったんですよね。それに気付いたらパニックになっちゃって。犬かき状態で必死に戻って。子どもの前では平気な顔をしていましたけど、内心は穏やかじゃなかったです。

家族とのエピソードも、そのままトークのネタになりそうな面白さ。

昔は、いつもアンテナを張っていなくてはいけないという意識があって、子どもと一緒にいても『コラムや歌のネタになるかな』と思ってしまう下心があったんですけど、最近は仕事のことは忘れて、めいっぱい遊んだほうがセレンディピティみたいなものがあるのかなと思うようになりました。

はっきりと意識したのは2020年。コロナ禍で、仕事が途絶えてゆっくりと考える時間ができたことがきっかけですね。家族と過ごす時間と仕事、メリハリをつけたいなと。その方がいろんなことの質が高まるのかなと感じました。

一日の終わりに欠かさない“一服”の時間

仕事のことを考えず、家族と過ごす日常が大切な息抜きだというが、一日の終わりにも欠かさない“一服”の時間がある。

子どもたちが全員寝静まったあとに過ごす一人の時間は、ものすごくホッとして、くつろげる至福のひとときですね。あえて高いウイスキーを用意して、ちょっとずつ大切に飲むんです。“大人の水あめ”なんて言いながら、ちびちびとなめるように(笑)。そして、その最後の締めくくりとして、寝る直前に必ず一本、タバコを吸う。一日をリセットする儀式のような一服ですね。

一度取り入れたことは習慣として続けることが多いというマキタスポーツ。ほかにも、最近ルーティン化したものもあるそう。

極力、水を飲む…。僕がこれまでどれだけ水を飲まなかったか知らないでしょ(笑)。

家族にも指摘されることが多かったので、それを最近取り入れましたね。あとは、全然関係ないですけど、カーペットをコロコロする粘着クリーナー! あれは僕のなかで一番のルーティンですね。気付いたらコロコロとずーっとやっています。家族からも不思議がられていますけど、あれをやっていると落ち着くんですよ(笑)。

何ごとにも、一生懸命に向き合うこと

レギュラー番組も多く、個性的なバイプレーヤー俳優としても引く手あまた。気持ちを切り替えるためにタバコは重要なスイッチになっている。

俳優の仕事をするときには、やっぱりモードが変わります。自分が好き勝手思ったことを形にできる歌やネタ、文章は日々の生活と全部繋がっている感じですけど、お芝居は日常との切り替えが必要。

スイッチする中間地点に、タバコがあるような気がします。俳優として、役に入る前段階でのグレーのポイント。楽屋やスタジオに行く前、『とりあえず、タバコを吸わせて』と、喫煙所に向かうのが自分のルーティンです。吸わないと落ち着かないですし、そこで『よし』と切り換えられる。重要な“一服”ですね。

そして、忙しい日々を楽しく過ごすコツは「何ごとにも、一生懸命に向き合うこと」だそう。

“家族サービス”という言葉がありますけど、そういう気持ちで取り組むと、ろくなことがない。自ら率先して楽しむほうが絶対いい結果になる。それは仕事も同じで、適度な関わりで得られるものは少ないと思うんです。実を言うと、僕自身は何かをしながら『楽しいな』と思うことって、一瞬なんです。だから、雑念を取り払って、今やっていることに一意専心する。そういう意識が幸せなんじゃないかな。

取材・文=吉田光枝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加