アフリカ系アメリカ人初のVOGUEクリエイティブ・ディレクターに...“格好良い”を追求したファッションの巨匠の生涯

アフリカ系アメリカ人初のVOGUEクリエイティブ・ディレクターに...“格好良い”を追求したファッションの巨匠の生涯

  • MOVIE Collection
  • 更新日:2023/01/25
No image

(C)Rossvack Productions LLC, 2017. All Rights Reserved.

アフリカ系アメリカ人初のVOGUEクリエイティブ・ディレクター アンドレ・レオン・タリーの生涯を描くドキュメンタリー『アンドレ・レオン・タリー 美学の追求者』より、日本版ポスタービジュアルを紹介する。

・【週末シネマ】メイクで時代を創った早世のアーティスト、その光と影に迫るドキュメンタリー

『プラダを着た悪魔』ではスタンリー・トゥッチ演じるナイジェルのモデルに

昨年1月18日に73歳で他界した、ファッション界の巨匠と呼ばれたアンドレ・レオン・タリー。『プラダを着た悪魔』でスタンリー・トゥッチ演じるナイジェルのモデルとされ、白人の占める割合の多いファッション業界において、黒人モデルや非白人デザイナーたちの進出に積極的に貢献した。

1948年に生まれたアンドレ・レオン・タリーは「ジム・クロウ法(1876年〜1964年に存在した人種差別的内容を含むアメリカ合衆国南部諸州の州法)」の影響下にある時代にアメリカ南部で幼少期を過ごした。1983年よりVOGUEのニュースディレクターを担当、1988年にはアフリカ系アメリカ人として初めてクリエイティブ・ディレクターに昇格した。

2013年にはエディター・アット・ラージに就任し、アナ・ウィンターの右腕として活躍。“格好良い”とは何か、独自の美学を極めていく。また、名物エディターとしてだけでなく、自伝の出版やセレブのスタイリスト、映画出演など、その活躍は多岐にわたる。彼の死に際してはミシェル・オバマをはじめ、ビヨンセ、ゼンデイヤ、マライア・キャリーなど各界の著名人が弔意を表した。

人種差別が色濃く残る時代のアメリカ南部で幼少期を過ごしたアフリカ系アメリカ人の彼が、如何に最も影響力のあるファッション・キュレーターにまでのし上がったのか。本作では、彼の人生と彼が残した数々の功績をマーク・ジェイコブス、アナ・ウィンター、トム・フォードなどファッション界を代表する人物たちのインタビューと共に振り返る。

公開されている日本版ポスタービジュアルは、アンドレ・レオン・タリーのバストアップを中央に、「ファッションは儚く、スタイルは永遠」というコピーが書かれたものとなっている。アンドレ・レオン・タリーの目から、強い意志を感じる印象的なポスタービジュアルだ。

『アンドレ・レオン・タリー 美学の追求者』は3月17日より公開。

・『アンドレ・レオン・タリー 美学の追求者』日本版ポスタービジュアルはこちら

ムビコレ編集者

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加