【玉ノ井親方 視点】完全復調した照ノ富士 1差で食らいつけるか朝乃山

【玉ノ井親方 視点】完全復調した照ノ富士 1差で食らいつけるか朝乃山

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇大相撲7月場所13日目(2020年7月31日 両国国技館)

No image

朝乃山(左)を寄り切り、新旧大関対決を制した照ノ富士(撮影・篠原岳夫)

朝乃山の敗因は、左上手を取った位置が深かったことだろう。照ノ富士とは右の相四つ。立ち合いすぐに右を差すことができたが、相手は体が大きく懐も深い。組んだところで左上手が伸びる感じになり、照ノ富士に右肘を器用に使われ、上手を切られてしまった。その後、下手投げで形勢逆転を狙ったが、腕力のある照ノ富士の引き付けに上体が浮いて、そのまま寄り切られてしまった。

照ノ富士は肘を張って取られたまわしを切るのがうまい。これだけの相撲が取れれば、完全に復調したと言ってもいいだろう。一方の朝乃山は右を差したタイミングで横に振ったり、相手の上手を切るなどの工夫が足りなかった。ただ、まだ残り2日ある。1差で食らいついていけば逆転の可能性は十分ある。

休場した白鵬は右膝に違和感を抱えながら12日目まで無理をして取っていたのだろう。終盤戦は疲れも出てくる。場所前の稽古の貯金が少なかったことも響いたのだろう。ただ、ケガを治してもう一度しっかり稽古を積めば、また違った横綱の相撲を見せられるようになるはずだ。

(元大関・栃東)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加