吉田麻也、ラツィオ戦先発も失点に絡み前半で交代。伊メディア軒並み低評価

吉田麻也、ラツィオ戦先発も失点に絡み前半で交代。伊メディア軒並み低評価

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/21
No image

【写真:Getty Images】

イタリア・セリエA第23節のラツィオ対サンプドリア戦が現地時間20日に行われ、ホームのラツィオが1-0の勝利を収めた。サンプドリアの日本代表DF吉田麻也は先発で出場したが、失点に関与したあとハーフタイムで交代となった。

2試合連続の先発で出場した吉田だが、前半24分のラツィオの先制点の場面ではクリアを試みたボールを立て続けに2度相手に拾われてしまい、最後はゴール前に戻ってブロックを試みたがルイス・アルベルトのシュートを止められず失点。ハーフタイムには2枚替えの一人としてベンチに下がった。

イタリア各メディアでは吉田のパフォーマンスに対して軒並み低評価。『カルチョメルカート』ではチーム内で単独最低点の採点「5」をつけ、「ラツィオのショートパスにもロングボールにもたびたび苦しんでいた」と評した。

『カルチョニュース24』でも単独最低点の「5」をつけてワースト選手に選出。クラブ専門メディア『サンプニュース24』も同じく「5」で単独最低点とし、序盤は順調だったが「相手の攻勢が強まるとあまりにも苦しんだ。普段のような接触プレーの狡猾さもなかった」と述べている。

地元メディア『ジェノヴァトゥデイ』でも吉田の採点はチーム内でワーストタイの「5」。「散々な前半になり、(ホアキン・)コレアとルイス・アルベルトに何度も苦しめられた。試合を決めた失点の場面でも完璧でなかった」と評している。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加