日本ハム宇佐見V打&好リード「転がせば点入ると」

日本ハム宇佐見V打&好リード「転がせば点入ると」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

ロッテ対日本ハム 試合後、ガッツポーズの宇佐見(撮影・黒川智章)

<ロッテ2-5日本ハム>◇18日◇ZOZOマリン

試合前、大田、矢野外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐、ロッテ沢村の元巨人組の輪に入ってあいさつしていた日本ハム宇佐見真吾捕手が、攻守で勝利に貢献した。

1点を追う5回1死二、三塁で、追い込まれながらも逆転の決勝右前2点適時打。「内野ゴロを転がせば1点でも入ると思った」と食らい付いた。守っては有原を7回1失点の好リードだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加