『月とライカと吸血姫』10月放送開始 井上喜久子ら追加キャスト&主題歌発表

『月とライカと吸血姫』10月放送開始 井上喜久子ら追加キャスト&主題歌発表

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/07/21
No image

テレビアニメ『月とライカと吸血姫』キービジュアル<画像をもっとみる>

テレビアニメ『月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)』が、テレビ東京、BS日テレ、サンテレビ、KBS京都にて10月よりスタートすることが決定。併せてキービジュアルと追加声優キャスト、主題歌情報が解禁された。

【写真】TVアニメ『月とライカと吸血姫』キャラクター設定画

牧野圭祐による同名のライトノベル(小学館「ガガガ文庫」)をアニメ化する本作は、宇宙開発競争が繰り広げられる世界で、吸血鬼の少女と人間の青年が種族の壁を越え、共に宇宙を目指す姿を描く。監督は横山彰利、シリーズ構成を原作者の牧野が務め、キャラクターデザインを加藤裕美が担当する。制作はアルボアニメーション。

メインキャラクターの声優キャストは、吸血鬼の少女イリナ・ルミネスク役を林原めぐみ、空軍中尉レフ・レプス役を内山昂輝、生体医学研究所の研究員アーニャ・シモニャン役を木野日菜、宇宙飛行士候補生ミハイル・ヤシン役を日野聡、宇宙飛行士候補生唯一の女性ローザ・プレヴィツカヤ役を小松未可子が務める。

今回発表された追加声優キャストは、スラヴァ・コローヴィン役の土師孝也、ヴィクトール中将役のてらそままさき、ナタリア役の井上喜久子、フョードル・ゲルギエフ役の緒方賢一、リュドミラ・ハルロヴァ役のM・A・O

オープニング主題歌はALI PROJECTの「緋ノ月」、エンディング主題歌はChimaの「ありふれたいつか」に決定。さらに劇伴音楽を『クロノ・トリガー』『ゼノギアス』などゲーム音楽で活躍する光田康典が担当することも決まった。

解禁されたキービジュアルには、月を望む吸血鬼の少女イリナと、イリナの監視役を任された青年レフを中心に、アーニャ、ミハイル、ローザのほか、彼らの物語を彩るさまざまなキャラクターたちが描かれている。

アニメ『月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)』は、テレビ東京、BS日テレ、サンテレビ、KBS京都にて10月より放送。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加