長嶋一茂 交際女性2人に手切れ金500万の過去告白も...トークのキレ悪く「全カットでお願いします」

長嶋一茂 交際女性2人に手切れ金500万の過去告白も...トークのキレ悪く「全カットでお願いします」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(55)が、11日放送のテレビ朝日系「ザワつく!金曜日」(金曜後6・45)に出演し、プライベートの時効話を語った。

No image

長嶋一茂

この日はゲスト出演の「くりぃむしちゅー」有田哲平(50)が、ゴルフで1年に2度、ホールインワンを決めたエピソードを披露。さらに石原良純(59)は宝くじのミニロトで2回、1等を当て、合計約1000万円の当せん金を手にしたことを公表した。

2人の驚きの告白に、一茂も「俺もちょっと時効の話していい?」と切り出し、「過去なんですけどね、女性と別れた時に500万ずつ払いました」と打ち明け、一同を爆笑させた。

有田から「500万ずつって何ですか?」と尋ねられると、一茂は「手切れ金が500万。Aさん、Bさんに500万(ずつ)。さっき良純さんが1000万の話をしたので、俺、足して1000万だな」と返答。なぜか良純と張り合うように持ち出した話に、MCの「サバンナ」高橋茂雄(45)は「かたやプラスで、かたやマイナス」と笑った。

ともに独身時代の話で、一茂によると、これまで1度も口外したことはないという。「1人は一緒に住んでいた方。一緒に住むって、ほぼ婚約と同じ意味合いだから。彼女から出て行っちゃったんだけど、母親が『ちゃんとお金を渡しなさい』(と言った)…というのがAさん」。しかし、Bさんのケースは「ちょっと脅されまして」と口ごもった。

Bさんとは交際半年ほどで破局。「どうも合わない時ってあるじゃないですか?女性と」と言葉を濁した。有田から「普通はお付き合いして、別れたらお別れじゃないですか?そんなのでいちいち手切れ金は払いませんよ?」と指摘されると、一茂は「僕が失礼なことを言っちゃったんですよ」とだけ話した。一茂の煮え切らないトークに、高橋は「一茂さん、走り出したのはあなたですよ?」とツッコミを入れた。

結局、Bさんへの失言について、最後まで口を割らなかった一茂は、「やっぱり僕の時効の話、全カットでお願いします」と制作スタッフに懇願し、笑いを誘っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加