おぼん・こぼんと雨上がり決死隊、解散騒動コンビの思いがけない共通点

おぼん・こぼんと雨上がり決死隊、解散騒動コンビの思いがけない共通点

  • Asagei Biz-アサ芸ビズ
  • 更新日:2022/01/15
No image

昨年、地上波のバラエティ番組で話題をさらった漫才師といえば、おぼん・こぼん。「水曜日のダウンタウン」(TBS系)でおよそ2年にわたって「芸人解散ドッキリ 師匠クラスの方が切ない説」でガチすぎる解散劇を繰り広げ、10月6日の放送回で電撃和解。互いの愛娘も巻き込んだ感動のエンディングに、ツイッターで日本トレンドトップになった。放送翌日からは、2人が立つ東京・浅草フランス座演芸場東洋館が連日満員。放送批評懇談会選定の「2021年10月度ギャラクシー賞月間賞」も受賞した。

【関連記事】熊田曜子、宮迫博之、木下優樹菜…2021年を彩った芸能界の「裏流行語」

コンビ歴56年の大熟練コンビが、72歳になって大フィーバー。同時に注目されたのは、「水ダウ」で仲直りのきっかけとなった2人の愛娘だ。おぼんの娘・ちひろさんとこぼんの娘のいづみさん。2人もかつてコンビを組んでいたのだ。

「2世同士の女流漫才師として、2000年に『くれよん』というコンビを結成しました。でも、いづみさんがタレントを目指したため、2年ほどで解散。のちにいづみさんは『泉水いづみ』名義の音楽家になり、女性デュオ、ソロで活動しました」(芸能記者)

ちひろさんは04年に妹のまいさんと姉妹漫才コンビ「りぼん」を結成。再び解散している。

おぼん・こぼんは地上波の力を借りて、解散を回避できた。一方で、ネットテレビを使って解散したコンビもいる。雨上がり決死隊だ。宮迫博之は19年、闇営業問題で吉本興業から契約を解除されたが、残った蛍原徹が解散を決断。8月にネットテレビのABEMAで「アメトーーク!特別編 雨上がり決死隊解散報告会」を緊急配信して、およそ32年のコンビ生活に幕を下ろした。

宮迫の息子は現在、お笑いコンビ「フライドポテト」の「藤井陸」として漫才をしている。奇しくも父が解散した翌9月に事務所に所属し、アマチュアからプロとなって再スタートを切った。

「陸がお笑いを始めたのは、中学生のとき。『お笑いインターハイ2017』『学生漫才GP』で優勝しています。まだ二十歳。伸びしろは大きいです」(前出・芸能記者)

解散騒動で明暗が分かれたベテラン芸人。2世は、元女性漫才コンビと現役漫才師。このアナザーストーリーも奥が深そうだ。

(北村ともこ)

Asagei Biz-アサ芸ビズ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加