大関朝乃山、ガイドライン違反で「出場停止6場所」などの処分決定

大関朝乃山、ガイドライン違反で「出場停止6場所」などの処分決定

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/11
No image

朝乃山

日本相撲協会は11日、東京・墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反し、5月の夏場所を「謹慎」して途中休場した大関朝乃山(27)について、(1)出場停止6場所(2)報酬減額(6カ月、50%)の懲戒処分とした。

朝乃山は5月21日付で協会に「引退届」を提出していることが明らかにされ、現在、八角理事長(元横綱北勝海)の預かりとなっている。

7月の名古屋場所(4日初日、ドルフィンズアリーナ)はかど番で、大関陥落が決まり、三段目降下が確定的となった。

この処分は、調査した協会のコンプライアンス委員会(青沼隆之委員長=元名古屋高検検事長)が、同理事長へ答申した処分意見に基づいて決められた。

朝乃山は外出が原則禁止されている夏場所前にキャバクラ店に出入りしていたことが週刊誌に報道され、協会の調査に虚偽報告をして否定していたが、その後、事実関係を認めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加