広島 広陵が16強 広島工振り切る 中井監督「こういう経験をしていかないと」

広島 広陵が16強 広島工振り切る 中井監督「こういう経験をしていかないと」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/22
No image

六回に勝ち越しの2点適時三塁打を放った中川

「高校野球広島大会・3回戦、広陵3-1広島工」(21日、県総合グランド野球場)

広陵が接戦を制し、ベスト16進出を決めた。

二回2死二塁から7番・中川将心外野手(2年)の中前適時打で先制したが、五回にスクイズで同点とされた。しかし、六回にまたも中川が2死一、三塁から勝ち越しとなる右翼線2点適時三塁打を放ち、試合を決めた。「チャンスの場面だったので、打てて良かった」と喜んだ。

投げては先発の内海優太投手(2年)が9回7安打1失点と好投した。

中井哲之監督は「勝つためにはこういう経験をしていかないといけない。接戦でしたし、簡単にはいかないというのが選手たちもよく分かったと思う」と試合を振り返り、次戦に向けて気持ちを引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加