新潟県内各地で厳しい冷え込み 新潟市東区で-5.6度を観測 佐渡市で横転事故も

新潟県内各地で厳しい冷え込み 新潟市東区で-5.6度を観測 佐渡市で横転事故も

  • TeNYテレビ新潟NEWS
  • 更新日:2023/01/25
No image

新潟県内各地で厳しい冷え込み 新潟市東区で-5.6度を観測 佐渡市で横転事故も

この冬一番の強い寒気の影響で1月24日から各地で厳しい冷え込みが続いています。また、雪や強風の影響で交通機関にも乱れが出ています。

新潟県内は強い冬型の気圧配置が続き、各地で厳しい冷え込みとなっています。

最低気温は新潟市東区で観測史上最も低い-5.6度を観測したほか、すべての観測地点で氷点下となりました。

〈通勤客〉

「とっても寒いですね。この通り、完全防寒で来ました」

「いつもは電車ですが、きょう動いてないってことでバスで来ました」

また、各地で強い風が吹いていて、佐渡市弾崎では最大瞬間風速30.1メートルを観測。

25日に予想される最大瞬間風速は、県内全域で30メートルとなっています。

佐渡市相川では25日朝、軽自動車が道路脇に転落する事故がありました。ケガ人はいませんでしたが、雪による視界不良が原因とみられています。

〈事故を目撃した人〉

「結構ホワイトアウトというか…風で結構あおられるところ」

上越新幹線は雪が原因のポイント点検のため一時、運転を見合わせ、上下線で遅れが発生しています。在来線は一部区間で25日朝から運転見合わせとなっています。

また、佐渡汽船は新潟と両津を結ぶカーフェリーとジェットフォイル、全便が欠航となっています。

気象台によりますと、26日は冬型の気圧配置は次第にゆるむものの、下越と佐渡では25日夕方にかけ雪を伴った強風に注意・警戒を、県内では26日の明け方にかけては高波に警戒が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加