“核の脅威”高まる中での「原爆の日」 危機感示す平和宣言

“核の脅威”高まる中での「原爆の日」 危機感示す平和宣言

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/08/07
No image

動画を見る(元記事へ)

77回目の原爆の日を迎えた広島で平和記念式典が行われました。参加者からは、ロシアのウクライナ侵攻で高まった核の脅威に対する危機感を示す発言が相次ぎました。

平和記念式典では、原爆が投下された6日午前8時15分に黙祷(もくとう)が行われました。

広島市の松井市長は、平和宣言でロシアのウクライナ侵攻を受け、世界中で核抑止力が必要とする考えが勢いを増しているとして、改めて核廃絶の必要を強く訴えました。

広島市・松井一実市長:「為政者に核のボタンを預けるということは、1945年8月6日の地獄絵図の再現を許すことであり、一刻も早くすべての核のボタンを無用のものにしなくてはならない」

式典には広島選出の岸田総理が就任後、初めて参列し、核なき世界に力を込めたほか、国連のグテーレス事務総長が現職として12年ぶりに出席しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加