さらば橋下徹、さらば大阪維新の会、かな

さらば橋下徹、さらば大阪維新の会、かな

  • アゴラ
  • 更新日:2021/11/25

橋下徹氏の口を塞ぐ方法はないと思うので、国政維新の会の皆さんは、橋下徹氏とは距離を置かれた方がいいだろう。

橋下徹氏の暴走は、誰にも止められない。

No image

wataru aoki/iStock

マスコミの皆さんが作り出した現代の英雄・巨人橋下徹氏は、国政維新のメンバーにとっては厄介な障害物になりかかっている。

維新の巣業者である橋下徹氏を乗り越えるのは難しいだろうが、そこを乗り越えないと国政維新の活躍はどうやらここまでで終わりそうである。

創業者に別れを告げるのは大変だろうが、これから国政の場で維新に期待されている役割を十全に果たしていくためには、橋下徹氏の存在が邪魔になりそうだ。

発信力が抜群の橋下徹氏だから、橋下徹氏が口を開くと国政維新のメンバーはどうしても橋下徹氏の発言に引き摺られてしまう。

維新の綱領は、どう見ても偏頗で、これでは国政維新の独自の活動は殆ど望めないことになってしまう。

国会に議席を置いたこともなく、国会議員としての活動実績が皆無の一民間人に牛耳られているとしか見えない国政維新の会。

大阪維新関係者以外の大方の一般の国民は、国政維新の真実の姿を知って、狐につままれたような感じだろう。

自民党には投票したくない、共産党や立憲民主党にも投票出来ないな、ということで、維新に投票された方がそれなりにおられたはずだが、さて、そういう方々はこれからどういう投票行動をされるだろうか。

ここまで上から目線で言われてしまうと、さすがの足立さんの堪忍袋も切れてしまうでしょうね

橋下徹氏と真正面から対峙できるのは米山隆一さんくらいかな、と思っていたが、維新の足立康史さんも結構頑張っているようだ。

No image

足立康史氏

米山さんは、維新の分裂騒動の時に橋下徹氏を相手に大立ち回りをして、少なくとも論戦では一歩も退かなかった猛者だが、足立さんもどうやら一歩も退かないようである。

遂に橋下徹氏が逆切れして、足立さんに維新を辞めろ、国会議員を辞めろくらいな物言いをするようになっているが、これは先に切れてしまった人の方が分が悪い。

人は、あまりにも感情的になって勘定を忘れるようになると、大体は損をする。

こういう時の仲裁役、宥め役が大阪市長で維新の代表の松井さんだが、松井さんは未だに何の動きもしていないようだ。

大丈夫なのかな、と思うが、多分、大丈夫ではない。

それにしても、橋下徹氏の上から目線が気に懸かる。

編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2021年11月24日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

早川 忠孝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加