阪神D4位・栄枝が仮契約「枝キャノン」で梅野に挑戦

阪神D4位・栄枝が仮契約「枝キャノン」で梅野に挑戦

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/22

阪神からドラフト4位で指名された栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が22日、京都市内のホテルで仮契約を結び、契約金5000万円、年俸800万円で合意した。

「ぐっと、阪神タイガースの一員になれた気がします。開幕1軍に入れるように準備していくので、応援よろしくお願いします」

強肩が持ち味で即戦力と期待される。目標になる正捕手の梅野に「攻守にバランスのいい、僕もそういう捕手を目指していきたいです」と憧れた。二塁送球は大学のチームメートから「枝キャノン」と呼ばれていたという。「代名詞ではないですが、そうやって愛される選手になりたいです」と意気込んだ。

No image

仮契約を終え記念撮影に応じる阪神ドラフト4位、立命館大・栄枝裕貴=京都市内のホテル(阪神タイガース提供)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加