FA市場の目玉、バウアー獲得に乗り出す球団は?

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17

MLB公式サイトは16日、オフのフリーエージェント市場で注目を集めること間違いなしの先発右腕トレバー・バウアー投手の獲得に名乗りを上げそうなチームを予想。今季所属のレッズなど9チームをピックアップした。

1番手で取り上げられたのはレッズ。バウアーは今季5勝4敗、防御率はナ・リーグトップの1・73と大活躍しただけに、レッズは「できることは何でも」やるつもりだと宣言している。

2番手は田中将大やジェームズ・パクストン、J・A・ハップら先発投手がこぞってFAとなるヤンキース。昨オフにゲリット・コール投手と9年3億2400万ドル(約356億4000万円)の超大型契約を結んだばかりだが、ブライアン・キャッシュマンGMは冒険を恐れないと同サイトはみている。

3番手はツインズ。野球部門最高責任者のデレク・ファルビー氏とはインディアンス時代に強いつながりがあり、バウアーが短期契約を望むならば候補になり得ると予想されている。

以下、レッドソックス、ホワイトソックス、エンゼルス、メッツ、カブス、ジャイアンツがバウアーに興味を示す候補として取り上げられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加