DeNA・オースティン電光掲示板直撃弾に三浦監督自虐「僕は打たれましたよ、日本人でしたけど」

DeNA・オースティン電光掲示板直撃弾に三浦監督自虐「僕は打たれましたよ、日本人でしたけど」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/01

(セ・リーグ、DeNA10-2ヤクルト、8回戦、ヤクルト6勝1敗1分、1日、横浜)DeNAのタイラー・オースティン外野手が一回、中堅バックスクリーンを直撃する先制の4号ソロを放った。

「ヤッター!!! 3ボールとカウントが有利だったので、自分のスイングをしようと心掛けた。しっかりと捉えることができてよかった」

一回2死走者なし、高梨の3ボールから甘く入った直球を狙い打ち。高々と舞い上がった打球は、中堅バックスクリーンの上部を直撃。球団の発表したトラックマンデータでは、打球速度178キロ、角度27度、推定飛距離146メートル、最高到達点31メートルを計測した。

ハマスタの特大弾といえば、2015年に交流戦でソフトバンク・柳田が放った一発がバックスクリーンを直撃し、一部破損したことで有名。今回はオースティンがそれをも上回る飛距離をたたき出し、当時、柳田に特大弾を浴びた三浦監督は試合後「すごい当たりですよ。完璧でした。(外国人特有?)僕は打たれましたよ、日本人でしたけど。なんか見たことあるなと隣で(青山)ヘッドにも言われました」と自虐的に語り報道陣を笑わせた。

No image

1回 先制本塁打を放ちダイヤモンドを回るDeNA・オースティン=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加