iPad mini(第6世代)がA15搭載、コードネーム判明〜A15Xも開発中?

iPad mini(第6世代)がA15搭載、コードネーム判明〜A15Xも開発中?

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/07/21
No image

今秋の発売と噂されるiPad mini(第6世代)の搭載チップとコードネーム、各種仕様、Appleが開発中とするA15Xチップに関する情報が報告されました。

iPad mini(第6世代)はA15チップを搭載

9to5Macが関係者から入手したとし、iPad mini(第6世代)に関する情報を伝えました。

同メディアによれば、iPad mini(第6世代)のコードネームは「J310」、搭載チップはiPhone13シリーズ(iPhone12s、iPhone12Sとの噂もあり)と同じ「A15」とのことです。

また、外部接続端子はUSB-Cで、Smart Connectorを搭載すると伝えています。

Smart Connector搭載により、iPad mini(第6世代)に対応するアクセサリーがラインナップされる可能性があると9to5Macは記しています。

AppleはA15Xチップを開発中、M2チップと同一か?

また、これまでに無かった新しい情報として9to5Macは、「AppleはA15チップの性能向上版であるA15Xチップの開発に取り組んでいる」ことも伝えています。

新型iPad Proには当初、A14Xチップが搭載されると噂されていましたが実製品はM1チップを搭載して発売されました。

A14チップとM1チップのアーキテクチャは良く似ているとの半導体分析会社の報告がありましたので、A15の性能向上版であるA15XチップはM1チップ後継と噂され、新型MacBook Airが搭載するとの情報があるM2チップかもしれません。

Source:9to5MacviaiMore
(FT729)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加